群馬ダイヤモンドペガサス予告先発

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 57人
 › 群馬ダイヤモンドペガサス 球団ブログ › 2年ぶりのリーグ優勝

2018年10月02日

2年ぶりのリーグ優勝






台風の影響で予定されていたルートインBCLC第4戦は2日遅れの10月1日(月)の開催されました。
福井先発:濱田投手、群馬先発はトーレス。

戦前の予想通り好投による僅差の展開で6回まで進みました。


7回表先頭の鹿沼がセンター前ヒットで出塁し小黒の犠打が相手の抽出を誘い、つづく青木も犠打を試みますが福井の好守にはばまれ鹿沼は3塁でアウト。

藤井は四球を選び1死満塁


3番井野口はセンター前ヒットでようやく2点追加


好投していた濱田投手も思わず天を仰ぐ


4番カラバイヨも変わった楊投手からタイムリーを放ち6-1とリード


しかし7回裏疲れも出始め集中力が薄らいだトーレスに福井打線はたたみ掛け3点を挙げ6-4と群馬に迫ります


9回裏2outから8番木下選手が気迫の一振りをレフト前に運びましたが得点に至らずゲームセット

3勝1敗の成績で群馬DPが優勝!

常に緊張感を持って戦えたのは福井ME選手たちの全力プレーがあったからこそ!




3戦目からは福井MEがホームとして後攻めになるとイニング間のグランド整備や試合後のグラウンドを丁寧に均してくれた姿が心に残りました。

10月7日(日)からは香川オリーブガイナーズと日本一を目指しての戦いが始まりますので今までと変わらない熱い応援をよろしくお願いします!


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 22:45│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
2年ぶりのリーグ優勝
    コメント(0)