2017年07月20日

#88 高橋 雅裕 コーチ

後期のゲームも約1/3を終えたところでチームの様子を高橋コーチに聞いてみました。




=課題の守備力は改善されていますか?=

『まだまだ!正面に来たゴロを併殺にできないようではダメ。積極的にいった結果エラーになるのは仕方ないけど、下がってエラーするのは認めない。』

=今のところ打力が上回り勝ち星を増やしていますが打率は良くて3割と言われる中、今後どう戦っていきますか?=

『投手数が少ないけど先発がある程度投げてくれているし打線も良いので勝ちにつながっている。ピッチャーも野手も打線も“後手を踏んではいけない” と言うこと。受け身になったら勝てないから早め早めに仕掛けていく必要がある』

=機動力と言う点では他チームに比べて劣るように感じますが?=

『今のところ1番藤井、2番鹿沼、3番井野口は打てるし脚もある!今後、藤井・鹿沼の打順が入れ替わると面白いかもしれない。他にも臼井、笠井、李、そして永井もあー見えて脚が速いんだよ(笑)だから脚のある選手がいかにして出塁するかを考えないとね!ストーレトばかり待っている打者にストレートを投げてくるピッチャーはいない。ストレートを待つふりして変化球に対応できるバッティングを身に付けなければ出番はなくなるという危機感を持ってもらいたい。』

=後期開幕後カラバイヨがいなくて勝てた2試合は選手にとって良い意味をもたらしたのでは?=

『スタメンで出られない選手にとってはチャンスだったね。でもフランキーが戻ってきて押し出される選手もいる訳だからその選手がいかに自分をアピールして出番を勝ち取るのかが見どころとなるだろうね。現状に満足しているようでは優勝はおろか上に(NPB)上がることも難しい。』


後期優勝への課題は“早めの仕掛けが成功するか否か”という高橋コーチ。
今後のゲームはコーチの言葉を思い出しながら見ることにしよう!



Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 20:33│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
#88 高橋 雅裕 コーチ
    コメント(0)