2017年06月19日

2017 FUTUREーEast前期優勝





竹内キャプテン胴上げ!



『優勝はしたけれど課題も多く残っています。今のままでは後期の戦いは厳しい』と平野監督のコメントがあった通り選手一人ひとりの弱点克服と成長を期待したいところです。






2017シーズン前期日程が終了しました。最終戦は勝って締めたかったけれど・・・



『優勝したことは嬉しいけど、これからまだまだ先があるのでしっかり気を引き締めて戦っていきます!』



=前期6勝を挙げ、リーグ勝利数ベスト5の中で2位の伊藤投手。後期へ向けての抱負は?=

『ピッチャーの数が足りていないので自分が投げる時は投手陣をあまり使わないで終わるよう、せめて7回くらいまでは投げられるようにしていきます』



6月18日信濃戦で第6号2ランホームランを放ち打点もリーグ1位38打点を叩き出した井野口選手。
同じくカラバイヨ選手の打点も38打点で1位。もちろんホームラン数も14本で1位。



スタメン定着とはならなかったけれど代打の場面では結果を残した箱田選手

『守備をしっかりやり自身のコンディションを整えて焦らずやっていこうと思っています。後期は持ち味であるバッティングをアピールしていきます!』



後期は6月23日(金)栃木戦(ビジター)から始まります。ますますの応援よろしくお願い申しあげます!



Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 00:01│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
2017 FUTUREーEast前期優勝
    コメント(0)