2016年10月10日

GCS第4戦


10月9日(日) 勝たなければならないゲームが始まりました



崖っぷちから盛り返すきっかけを作ったのは伊藤の右腕でした!
7回2安打無失点の快投。四球で出したランナーを2度併殺にしたバックにも助けられ打たせて取る伊藤らしいピッチング。




8回から山崎。いきなりヒット、そして四球や後逸で2out1・3塁で迎えた打者は1番吉田選手。
第2戦では逆転サヨナラ打の選手。フルカウントから放った打球は2ndベースよりのゴロ
「同点か!?」と思われましたが竹内の好捕で3out!!

“ピンチの後にはチャンスあり” とはよく言ってもので8回裏、先頭の藤井が2Bヒットで出ると2番竹内送りバント成功で藤井3塁に進み、3番井野口センターへ犠飛で2点目。4番カラバイヨ四球、5番チャベスライトヒット、6番八木もライトタイムリーヒットでカラバイヨホームイン3点目。



9回から堤。1点を失うもゲームセット。



ミーティングでは「最後までゲームに集中して戦おう」という言葉が聞かれました。



「明日は最後だから腕が折れてもいいくらいの気持ちで投げます」堤



堅守を見せ8回の追加点を得る犠打を初球で決めた竹内選手。

『第2戦の逆転負けを味わった時はロッカールームでみんな荒れましたね。あんなに悔しい思いをしたのは・・・でもあの悔しさがあったから2連勝につながっていると思うし選手たちの気持ちもさらに高まった。練習していても終わった後も「自分はこう思うけどどう?」とかお互いに考えを話し合っていることが良い結果になっていると思う。』

=第5戦の愛媛先発:柴田投手は元チームメイトですね=

『そう!!それが一番楽しみ。絶対打って見せますよ(笑)』



群馬先発:南投手 「もうやるしかないですね!」
短く髪を刈りこんで気合も十分

今シーズン最後のゲームは本日10月10日(月)前橋市民球場にて18:30~開始予定です。
たくさんの声援で選手の背中を押し上げてください。球場でお待ちしています。




Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 12:37│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
GCS第4戦
    コメント(0)