2016年07月19日

週末からの4連戦は…

7月15日(金)から始まった4連戦は1勝3敗・・・

連戦の初戦はvs福島戦

先発は柿田



2回裏八木が四球で出ると続くチャベスがレフトへ6号2ランホームランで先制!


『打ったボールはシンカー。良く飛んでくれた!』とチャベス談

4回表に1点を失うも何とか要所を締めていた柿田投手でしたが6回表、安打と連続四球で無死満塁のピンチ


監督にいわれた言葉は  『自分で作ったピンチなんだから自分で何とかしろicon09』と一喝され奮起した柿田。

三振のあと7犠飛成功か?!という場面でしたが高校の大先輩でもある井野口選手の鮮やかなバックホームでランナー本塁憤死となり無得点に抑えたのでありました!

なかなか追加点が取れないゲームだったけれど仲野ー山崎ー堤としっかりリードを守り、結果 福島1-2群馬


2戦目も同一カードで群馬先発:南。


初回から福島:岡下選手に2ランホームランを喰らいましたが2回以降7回まで被安打2と好投しただけに立ち上がりが悔やまれました。
南自身は「後が良くてもホームラン打たれちゃダメですよ・・・」とポツリ

8回9回と登板したマエストリ投手がさらに1点を奪われ、福島3-0群馬


チャンスを生かし切れないゲーム展開を眺めるベンチ

このゲームで一番印象に残ったのは福島先発:江村投手。3塁を踏ませない好投お見事でした!


3戦目はvs新潟戦。


この日は “東前橋整形外科スペシャルマッチ” と言うことで球場の外では体力測定のブースが出ていました。



前橋市長 山本 龍様よりごあいさつ


群馬先発:町田


そして受けるは初スタメンマスクの速水



町田投手がリードする形で序盤は無失点に抑え4回表不用意な送球から1点を献上。
それでも6回までは踏み止まってきたけど7回から新潟打線にたたみ掛けられ、味方失策も絡んで3点を失ってしまいました。



群馬唯一の得点は井野口選手の第6号ソロホームランのみ…

9回表にも1点を加えられ裏の攻撃で1out満塁のチャンスをつくるも新潟の盤石投手リレーで万事休す…
結果 新潟5-1群馬


そして4戦目は東京ヤクルトとの交流戦




群馬先発:伊藤


初回から4回まで毎回得点を許す厳しいピッチングが続いた伊藤投手。


この悔しい結果、きっと晴らしてくれるでしょう!



2回カラバイヨ…9号ソロHR、4回井野口…7号ソロHRとホームランでの得点のみで打線の繋がりが見られなかったけれど、8回裏連続四球をきっかけに森岡のタイムリーから3点を挙げました。


終わってみれば東京ヤクルト9-5群馬

3連敗したことで借金2となったペガサス。
この連戦を通して見つかった自らの欠点を削ぎ落とし、後期もチャレンジャーとして1戦1戦試合に臨む姿を見せてくれると信じている!









Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 21:26│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
週末からの4連戦は…
    コメント(0)