2012年10月31日

物悲しいシーズン

先日、球団から#2新井選手、#7菅原選手、#4山田選手、#44オドレマン、#48エスピノサの退団が正式発表されました。

この時期は退団、移籍のニュースがあちらこちらで聞かれ驚きや寂しさが感じられるシーズンです。

選手によっては複数シーズン過ごした選手、oneシーズンで去ってしまう選手がいますがともにペガサスのユニホームを着てすごした選手をご紹介します。



 キャプテン伸太郎選手はいつでも明るい笑顔を見せてくれました。ファインプレーやさよならヒットが印象に残っていますね!

(時々意味不明なピッチャーへの声かけもあったけど・・・)
新井選手いわく「あれでピッチャーの緊張を解くのにちょうど良いんですよface02





 菅原選手は今シーズンからルーキーとして入団しました。最終戦の後インタビューした時

『今年は慣れない環境で野球をやってきました。「シーズンを通して厳しかった」とうのが感想です。予想していたよりプロの道はホントに厳しかったです』と話してくれました。




 山田選手はサードの守備ではライン際の難しい当たりを何気なく捕球し素早くファーストへ投げてアウトにしていました。軽快なフィルディングを見せてくれました。




 エスピノサ選手は『盗塁』が好きだったようで「凄く速くは無いけど走るのは好き」と言って果敢に次の塁を狙っていましたが・・・懸命に走る姿が印象に残りました。




 オドレマン選手、ニコニコ笑っている顔が思い出されます。日本語はあまり覚えなかったようですが「ハラヘッタ」をよく言っていました。


皆さん新たな道で楽しく元気にすごしてほしいと願っています。

どこかで逢ったら声をかけてくださいね!



Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 20:37│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
物悲しいシーズン
    コメント(0)