2012年09月21日

信濃GS 最終戦

まず始めにインタビュー掲載の順が前後してしまう事、許してください。

先日、群馬DPと信濃GS最終戦が終わった後に今年の強さについて竜太郎選手に尋ねてみました。

【9月16日(日)取材】

―優勝を期待されたことについて

『新潟が圧倒的に強かった。うちも良いところに喰らいついていったのですが、いつの間にか引き離された感じかな。でも新潟に唯一勝ち越しをしているのは信濃だけだから、残り1試合は必ず勝ちにいきますよ』

―今年の信濃の強さは?

『打撃のほうでは、ただモワァ~ンと打席に入るのではなく一人の投手に対しての攻め方をきちんと決めて打つと言うことが徹底されてきたので良い結果につながっていると思う。試合前に、どう打っていくか選手同士で徹底的に話し合っています。また投手に関してはコーチから色々な指示があるけれど苦手意識を持たず、どんどん攻めることが出来てきているのではないでしょうか』

―初の地区CS進出に向けての勝機はどこに?

『新潟攻略については色々あります。先発投手はわかりませんが、まず寺田投手の攻略が必要です。寺田投手の生命線を攻略し、5回までに球数を投げさせること。この間の試合(9/15信濃vs新潟で8回一挙7点を入れ新潟を突き放したゲーム)で、かなり強烈に新潟に意識させたと思います。CSは下克上にします。新潟がどう出てくるか楽しみです。勿論1試合も落とせないので勝ちますよ!』


秘策を胸に挑む竜太郎選手!(笑顔とVサインが意味深だな)


インタビューに応じていただいた信濃GS球団と竜太郎選手に感謝いたします。ありがとうございました。







Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 23:44│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
信濃GS 最終戦
    コメント(0)