群馬ダイヤモンドペガサス予告先発

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 56人
 › 群馬ダイヤモンドペガサス 球団ブログ › 試合後書  9/15vs富山TB戦

2012年09月15日

試合後書  9/15vs富山TB戦

 いつでも一生懸命応援していただいているのに「惜敗」とはほど遠い敗戦が続き何とも表現し難いものがありファンの皆さんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。

今日の試合では群馬DPも経験した長いトンネルから抜け出せない富山TBとの対戦。
序盤はまずまずの出だし。富山TBが2点先制するが群馬も追いつく。
チャンスを逃した後、7回表2死から高橋選手の2Bヒットの後、群馬に痛恨のエラーで2走が一気に生還し1点差。

そして8回表、先頭駒井選手の当たりがショート内野安打になりそうな打球を伸太郎選手が好フィルディングをみせアウトになったが富山TB:駒井選手も気迫のヘッドスライディングを見せた。きっとこの姿を見た富山TB選手達に「勝利への炎」が点火した瞬間だったのではないだろうか・・・

8回表2死となりながら有澤選手が放った打球がライト外野芝生へソロホームラン。続く島袋選手の打球もVTRを見ているかのようにほぼ同じ場所へホームラン。

どちらもソロホームランとはいえ群馬の意気を消沈させるには十分だった。

群馬が負けて残念ではあるが長い連敗を脱出した富山選手の気持ちや応援しているファンの安堵感も理解できる。富山へ帰る道「親知らず子知らず」の海岸線に続くいくつものトンネルが今日は短く感じることでしょう!

試合後、富山TBキャプテン:大陽選手にコメント頂きました。

『やっと勝つことができてよかったです。10連敗をして優勝への希望も完全に消えたわけですが、残りの試合は全部勝つつもりで臨みます。
正直、連敗中はきつくてどうしたら良いのかわからなかったけど監督が「悔しい気持ちを前面に出せ」と言ってくれたので気持ちを切らさず試合に臨むことができました。残り6試合になりましたが一丸となって戦います』

今日は試合に出場することが無かったけれど、大陽選手の活躍を願っています。

インタビューに応じていただいた富山TB球団と大陽選手に感謝いたします。ありがとうございました。


明日16日(日)18:00~藤岡球場 vs信濃GS戦 

藤岡球場といえば「ペガ弁」です。明日は「ペガ弁」限定10食、「ペガ弁プチ」限定5食の販売です。

ファンの皆様に納得してもらえるような試合をしてもらいましょう。
声援よろしくお願いします。




Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 21:42│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
試合後書  9/15vs富山TB戦
    コメント(0)