2012年08月23日

タイトル

 後期の試合もいよいよ終盤戦に差し掛かり勝敗の行方が気になり始めるのと同時に、個人の成績も意識し始める時期になりました。
 そこで毎年個人タイトルトップクラスに位置する石川MS:南投手にインタビューを試みました。

―個人タイトルで防御率・勝利・奪三振のうち一番取りたいタイトルは何ですか?

『三振や防御率は自分次第で取れることもあるけれど、勝利タイトルはチームの皆の打撃力があり守備力が備わって取れるものだから、勝利タイトルが取れると嬉しいしチームとしての価値があると思う』

―南投手はチームを超えてのファンが多いですよね?

『応援してもらえて嬉しいですね。ビジターで投げる時、対戦チームの応援席から「南の球をたまには打ってみろ!」と言う声が聞こえると嬉しいし、ありがたいと思いますよ』

―雨中の試合で気をつけたことは何ですか?(6月12日は開始から雨だった試合)

『あの試合はけっこう降っていたので5回コールドを意識して投げたし、グラウンドも悪く野手が神経質になっていたので三振とフライアウトを狙っていきました。6回突入した時は「あれっ!やるのmark03」って感じでしたよね!(結局6回降雨コールド)』

―誰にでもわかる野球観戦のポイントは?

『選手が一生懸命にやっている姿、走・攻・守、全てを良く見てください(細かいことを言うと専門的になってしまうので・・・)』

(左:南投手)
「ピッチャーの調子を見極めるのは3イニングまでの出来を見ると解る」だそうです。
野球観戦は是非、初回から!

南投手が毎年タイトル上位に入れるモチベーションは何かと思っていましたが、純粋に「野球に対する熱い思いを持ち続ける」というのが会話をする中で感じられました。
でも、南投手と対戦することがあったら今度は群馬が勝ちますよ~~

インタビューにご協力いただいた南投手と石川MS球団関係者様、ありがとうございました。

次戦は8月25日(土)午後1:00~上毛新聞敷島球場。vs石川戦
上記試合は群馬DPのスポンサー様の「Honda Cars群馬 スペシャルマッチ」です。多数のご来場をお待ちしております。




Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 21:04│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
タイトル
    コメント(0)