最新情報球団情報選手情報スケジュール試合結果サポートショップ一覧グッズ販売後援会のご案内
群馬ダイヤモンドペガサス予告先発

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 82人

2020年10月14日

2020シーズン終了


『今シーズンは皆さんの期待に応えられる結果とはなりませんでしたが、大勢の皆さんの前で野球ができたことは良かったです。このメンバーで戦えるのはもうないけどいい思い出になりました』(抜粋)ホーム最終ゲームの後の鹿沼キャプテンの言葉。

『今シーズンは新型コロナウィルスにより準備不足で昨シーズン以上の成績が残せなかったことは残念。監督にキャプテンを指名されメンバーをまとめることも大変だった。選手によってきつく言っても大丈夫な人やダメな人もいるので接し方に苦労した』とキャプテンとしての心中も聞かれました。





シーズン終了間際は連勝し“勝つ楽しさ”が自然と選手の表情に表れてた!



優勝してもしなくても毎シーズンの終わりに思うことは“今のメンバーで試合に臨めることはもう無いと思うと一抹の寂しさを感じる…”ということ。
来シーズンはどんな群馬DPがみられるのか? ご期待ください!!  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 08:55Comments(0)

2020年10月08日

#88 西村 弥(わたる)コーチ



今まで中学生に指導していて今シーズンは大人に対してどう指導してしていこうか…と会見の時に語っていた西村コーチ。

『最初は野球の指導というより挨拶や人の話を聞くときの姿勢、社会人としての基礎を伝える時間の方が多かったかな…挨拶ひとつとっても「おはようございます」だけでなく例えば「監督おはようございます」と相手の名前を付けて挨拶するだけでその人の印象が随分変わってくると思うのでそんな話から始まった今シーズン。中学生は自分の話を目線外さず聞いていたけど群馬の選手は話をしていても目線が合わない選手が多く、どれだけこっちの意図をわかってくれているのかな?と感じてました。野球を辞めた後の人生の方が長い訳だから野球をやりながらもセカンドキャリアでしっかり人として歩んで行けるようになってほしいですね。そしてひたむきなプレーをすれば観ている人の心を動かせる力を持っていることに気付いてほしい!何気なく観に来たお客さんに「あの選手すげぇ~~」と思われ、それをきっかけに応援に来てもらえるようになる。それは選手にしか出来ない事であってコーチには出来ない。そういうことも意識しながら試合に向かっていけばより良い選手になれると思う。はじめの頃はまとまりがなくダラッとしたところもあったけど試合を重ねていくうちに今となってはみんな一つになって来たかなと思います。』

=サードコーチャーにいながら自分も試合に出たいなと思うことは?=

『ありますよ!!ピンチランナーでオレが走ったろかってね(笑)』

=群馬の印象は?=

『寒いし風は強いし、暑くなってからは40℃なんて初めてだよ!蒸し暑いし雷は大きいし(泣)』
(群馬特有の気候を味わったんですね!) 

=美味しいと思ったものは?=

『自粛であちこち食べ歩きができなくて…監督とホルモンを食べに行ったことがあってそれは美味しかった。でも高崎パスタはまだ食べていない』





終始笑顔で思いを一生懸命話してくれた西村コーチ。ノンストップトークが面白かった!
  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 22:36Comments(0)

2020年10月06日

#77 牧野 塁 監督



=入団会見の時に「キャンプインの時まで自分が思っている以上に練習を積んできてほしい」と言っていましたが、選手たちの仕上がりはどうでしたか?=

『誰も見ていないところでの練習というのはどうしても自分に甘えが出てしまうから、本人は練習をやって来たと思ってもこちら側から見るとまだまだと思うように見えた。』

=今シーズンを振り返っては?=

『自分の現役時代を思い出してもこんなに勝つことが難しい年は無かった。ペガサスは強いチームと思ってきたが、それはカラバイヨやポロがいて劣勢でもバァ~~ンと打って1ッ発逆転!やトーレスがバンバン投げて勝っちゃうというような勝ち方しか経験してこなかった。そして外国人選手が抜け今年は自分たちの力で勝つということが難しかったかなと思う。選手には技術的なことを教える前にメンタルの在り方や取り組む姿勢・意識付に関して話をすることが多かった。選手も多く入れ替わりチームがまとまることに時間もかかり、みんなが一つになって勝ちに行くという気持ちの強さが足りなかったように感じる。今年は新型コロナの影響で野球ができるのかな…という時期があったのにこうしてシーズンが始まりお客さんの前で野球ができたことは本当に嬉しいし携わっていただいた方々には感謝しかないですね。今年悔しい思いをした選手はいっぱいいるから来年に期待するところも多いですね!』

=今シーズンは時間制限のある中で開催されたゲームについて=

『本来なら9回まであることなので非常に難しかったですね。普通ならゲームを進めていく中で勝負どころというのがあるけど、今年は最初から攻めていかないと自分たちのペースに持っていけないという点が難しかった。特ににピッチャー陣は大変でした。時間を気にしながら継投のタイミングを見計らうことや、プルペンにコーチがいないから選手に伝令出したりしながら対応していましたが、やはり登板前のルーティーンが各投手によって違いますから早めに準備するようにしていました。』


=今までの監督でクラシックスタイル(ゲームパンツ)は初めてですけど何か理由は?=

『え~~この方が自分は動きやすいし好きです(笑)今はロングパンツが主流みたいですけどね!』

=今まで全国あちこち遠征し一番美味しかったものは何?=

『宮崎地鶏!!ホント美味しい1週間毎日でも食べられる(笑)』



話しのテンポが良く楽しい牧野監督です。


入団会見時の監督 ちょっと緊張気味?  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 08:03Comments(0)

2020年10月04日

2020シーズン ホーム最終戦

ルートインBCリーグ2020年シーズンも残すところあと3試合。
『新型コロナウィルス』により制限が多かった中、開幕し有観客試合にまでこぎつけられたのは多くの方々の御尽力の賜物だと感謝しております。

10月3日土曜日、信濃グランセローズを迎えてのホーム最終戦にはいつも以上に球場に訪れた方が多く選手たちにも『勝ちたい』という姿勢が感じられました。





ゲーム終了後キャプテン鹿沼から挨拶
「苦しい状況の中でも野球をやってこられた事に感謝しています」



続いて牧野 塁監督
「勝てなくて申し訳ありませんでした」という言葉が心に残りました…しかし!来期には期待してください‼︎






残り3試合、力を出しきれ~~!  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 11:27Comments(0)