2016年10月14日

2016 有終の美

2016年日本独立リーグチャンピオンシップは群馬DPの優勝でシーズンを終えました。
今シーズンも日本一の座を目指して四国ILプラス4球団とルートインBCリーグの8球団が戦ってきましたが念願がかなうのは1球団だけ。その座につけたことは本当に嬉しく思います。
これまで苦しい時もありましたがいつも熱い応援を送ってくださった人々、スポンサーの方々、辛酸を嘗めた監督やコーチ、選手たちにも思いを馳せながら優勝の喜びを味わいます!



試合前、後が無い状況から勝率タイに持ち込み最終戦の前のアップ
三橋マネージャーに試合のポイントを聞いたところ「選手がどれだけ頑張れるかだと思う。あとは森岡が打ってくれれば・・・」



先手を取ったのは井野口左中間への2点タイムリー



(ヒットで出塁していた高橋・藤井が生還)



1・2戦目は当りが無かったけど群馬に戻ってきてから快音が聞かれた森岡選手
(第5戦、4回裏1outからライトへ2Bヒットの場面)



打順下位に森岡選手がいることで打線に厚みが出ました



先制点をもらいながらピリッとしない南(5回デッドボールを与えたところで降板)

一度は愛媛MPに逆転を許しましたが裏の回に井野口…2ランホームランで再びリード。
7回にもチャベスの3ランホームランなどで4点を挙げ勝利を手繰り寄せました!



最後の打者をセンターフライに抑えゲームセット




    ☆☆☆閉会式☆☆☆


愛媛MPの最後まで諦めないで戦う姿勢は素晴らしかった。
特に終盤の粘りは群馬の選手にも来季身に付けてもらいたいと思いました。



















第3戦が終わった時ベンチで放心状態だった監督に声をかけると
「疲れた…って言葉で言い切れないくらい疲れたよ」と言ってた平野監督、本当にお疲れ様でした!



「第2戦のサヨナラとなった打球はあと2~3歩足りなかった。悔しかったですね」藤井:談
「優勝したことはホント嬉しい、でも自分がこのシリーズに絡めなかったことは悔しい。ホントに悔しい、絶対来シーズンは取り返します!」沼田:談



「嬉しい以外に何もないッス」高橋:談



「ホームランになった球種はスライダー。ホームランを打てたことも嬉しいけど優勝したことが一番嬉しい。来シーズンもこのチームでプレーしたい」チャベス:談



6回裏から愛媛MPは正田投手にスイッチ。2度目の先輩対決となった速水選手は初球をクリーンヒット
「何でもいいから初球から思い切って振ろうと思って打席に入りました」




「念願かなって良かった!3度目にしてやっと優勝できたからなおさら嬉しい。前期終わって松沼コーチが抜け自分としては支えが無くなったというか、気分的にも落ち込み成績も落ち込んだけど平野監督が投手一人一人の特性を生かしてくれたので良い成績を残すことができた」堤:談



安打で出塁を許すも次打者を併殺に仕留め、さらに三振に切って取り役目を果たした山崎投手



野手陣



投手陣


今シーズたくさんの応援に支えられながら最高の締め括りで終えることができました。
本当にありがとうございました!
来シーズンもよろしくお願い申しあげます。










  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 19:52Comments(0)