2014年05月10日

5月10日 vs信濃GS戦


13時から始まったゲームです。

試合規定により引き分けになりましたが、この結果どう捉えたら良いのか・・・
前回の対戦では好投した今井投手が初回から1点を失い3回までに8点を取られてしまう苦しい展開でしたが、何とか打線が奮起して引き分けに持ち込むことができました。


6打席4安打(HR含む)の井野口選手
↑ 3回無死ランナー2塁でレフトへの第4号2ランホームラン!


5打数3安打の茂原選手
↑ 8回裏、毎度完璧に抑えられている信濃:篠田投手から11点目を得るタイムリーを放つ


5回終了後グラウンド整備 ラミレス選手と手を繋ぎながらのトンボかけは思い出になったでしょう!  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 21:32Comments(0)