2013年08月01日

ルートインカップ日米独立リーグ対抗戦

第1戦目はハワイスターズと対戦しペガサスが勝利することができました。

試合終了後のインタビューです。

ハワイスターズ監督:ゲーリー・テンプレイトンⅡ

=群馬と対戦してみての印象は?=

『群馬の攻撃はアグレッシブだった!素晴らしいチームだったと思う』

=月曜の深夜に群馬に到着し時差もあり蒸し暑さもありの中での試合で状態が万全でなかったのでは?=

『(時差や気候の違い)そう言った事を言い訳にはできないし、してはならない。ピッチャーの調子が悪かった』

=ボールの違いはありましたか?=

『関係ないよ!次の試合はベストを尽くす』

以上。監督ながらプレーヤーでもあったテンプレイトンⅡ監督、9回表の攻撃では代打として登場しライト前ヒットを打ちました。そして2Out満塁で古木選手に打順が回ってきましたが失点につながらず!



この日は快音が聞かれなかったけれど頑張ってほしいです

・・・6回を投げて1勝目を挙げた堤投手・・・

『今日は100球までということだったので6回までいけました。相手が早打ちだったのでとても助かりました!これからも安定した内容で投げていき、早くキレとスピードを取り戻したい』

・・・五十嵐監督のコメント・・・

『今日は積極的にゲームができたし内容も良かった。(6回走者一掃の2Bヒットを打った武井選手について)日頃の練習から良かったのであそこで打てたのではないかな。ハワイスターズは日本に来てすぐのゲームだったからちょっと厳しかったのかもしれない・・・四死球が多かった部分はペガサスを見ているような感じで選手たちには反面教師として学んでほしい』

=(7月28日)延長引き分けに終わった新潟戦については?=
『惜しかったけれど負けなかったというか落とさなかったのが良かったかな』

=善戦をものにできなかったことで選手たちの心に期するものがあったのでは?=

『そうあって欲しいね!まずは負けが込んでいるので5割復帰を目指してやっていきます』


次回ホームゲームは

8月3日(土)太田市運動公園野球場13時から vs富山TB戦

8月4日(日)藤岡運動公園市民球場 18時から 「ルートインカップ日米独立リーグ対抗戦 第2戦」
 vsマウイ・イカイカ戦

是非球場にお越しいただき応援をよろしくお願いします。


  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 22:32Comments(0)