2012年08月02日

別の角度から

 昨日の(1日)3連勝がかかったvs富山TB戦は残念な結果になってしまいました。
1点また1点と得点する富山に対してランナーを出しながらも要所を抑えられて得点に結びつかない。
回を追うごとにじわじわ焦りが生じてくる。「このまま完封&完投?」と思われた時、石突選手のホームランが飛び出し『これからだ!』と言う気持ちにもなりました。でもその後・・・

で、今回は好調の兆しが見え始めたペガサス打線を抑えた富山・杉山投手に聞いてみました。

―今日の試合にあたって課題としていたことは何ですか?
 
『群馬は長打力のある選手が多いので、その前にランナーを出さないことに気をつけて投げました。今日は変化球主体ということで指示が出ていたので、低めにコントロールできていたのが良かったし、そのボールに群馬の打者が引っ掛けてくれたので助かった。』

―長打力があると思われる選手は誰ですか?
 
 『伊藤君や高津君、外国人二人。特に伊藤君にはうちのピッチャー陣やられてますからねぇ』

―日頃の富山選手の様子はどんな感じですか?

 『がむしゃらに、泥臭く練習しています。内容も自分たちで考え色々取り組んでします。NPBでは与えられたメニューを最初から最後までこなすだけの練習なので・・・(終わった後はヘロヘロですがicon15)また自分が経験してきたトレーニング方法も教えたりしています。野球に関する動きだけでなく色々な筋力トレーニング、重いものを持ち上げるだけのトレーニングだけではなくてね。水泳なんかも良いと思いますよ。体の稼動域を広げるという点ではね。富山の選手はハングリーです。期待していますよ』


 (左)#18 杉山コーチ兼任投手。
  対戦チームのブログに登場していただき、杉山投手&球団関係者の方、ご協力ありがとうございました。

対戦チーム選手へのインタビューは初の試みですが、いかがでしたか?


  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 20:56Comments(0)