最新情報球団情報選手情報スケジュール試合結果サポートショップ一覧グッズ販売後援会のご案内
群馬ダイヤモンドペガサス予告先発

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 58人

2018年07月18日

井野口選手と桐生球場

今シーズンも桐生球場での開催がありました。群馬DPには桐生出身や市内の高校出身の選手がいますが、その中でも井野口選手は小中学生のころから慣れ親しんだ球場でもあり、そして今年もホームランを放つなど盛り上げてくれました。


「(HRが)フランキーのように場外とはいかなかったけれど…今年も打てて良かった!」

=ホームラン数ではカラバイヨを1本リードしている現在、今シーズンはタイトル狙いますか?=

「フランキーは固め打ちしてくるからそのうち抜かれちゃうと思うし意識はしてないな」


荻野投手(左)もここで練習を積んだひとり



次回は先発として投げて欲しいですね


今までもこれからも対戦するのは相手チームだけではなく暑さも強敵face10
集中力を切らさず頑張れ~~~












何か楽しいことでも???



  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 21:37Comments(0)

2018年07月01日

ニューフェイス #27 中野 雄登投手


6月7日に選手登録され後期開幕戦で初勝利を収めました。

『追い込まれた中での登板でも“抑えよう!抑えよう”と思ってマウンドに上がると力が入りすぎるので冷静に投げるように思っています。高校の時からペガサス入団は進路の選択と考えまず練習生として入り、選手登録できたので後期も優勝に貢献できるよう頑張ります。一緒に登録された田代投手は一番の良きライバル!負けないようにしないと』

若い戦力の台頭に期待してください!


出身地:群馬県
生年月日:1997年9月15日(20歳)
身長/体重:177cm/85kg
投打:右投左打
経歴:勢多農林高-鮮ど市場ゴールデンラークス  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 11:29Comments(0)

2018年06月25日

後期スタートは☆発進

前期最終日に栃木戦で勝利し優勝が決まった群馬ダイヤモンドペガサス!






翌日には後期が開幕するはずでしたが雨天中止になり6月24日(日)伊勢崎市野球場にて武蔵ヒートベアーズを迎えてゲームが行われました。









先発を任されたのは柿田投手



3回まで3者凡退に打ち取られていましたが4回先頭の藤井が2Bヒットで出塁したのをきっかけに3点を挙げリードします。


6回にも2Bヒットを放った藤井選手

6回は打者一巡で6得点を得、勝利を引き寄せました!







このゲームで久しぶりに9番レフトでスタメン出場した笠井選手は4打数2安打。慣れないレフトの守備も無難にこなしました。


『ゲーム前高橋コーチや平野監督から自分の置かれている状況や何をしなければならないか…ということを話したり打席でのアドバイスを受け、やってみたらヒットも打てたので結果が今日は表れて良かった。どんなかたちでも塁に出て走ることが自分の役割なのでしっかりとやっていきたいと思っています。守備は得意だと思っていたのにフライを落としてから何か怖くなったというか…まぁ守備も練習を積みます。』


何といっても笠井選手の魅力は脚と肩。
下位打線に走れる笠井選手と鹿沼選手がいることでピッチャーにプレッシャーをかけることでしょう!




  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 22:03Comments(0)

2018年06月17日

Topics

6月16日(土)熊谷さくら運動公園野球場にて武蔵ヒートベアーズとのビジター戦が行われました。

群馬先発のトーレスは初回を4球で終える上々のスタートだったものの3回先頭打者にヒットで出塁を許すと突如制球が乱れ危険球による退場となり、緊急登板した谷口投手も制球定まらず2outから3番手としてリリーフしたのが田代投手




『厳しい状況の中での登板が自分の役割だと思うのでしっかり抑えるピッチングしていきたいと思っています。打者ががたくさん点を取ってくれるので自分も思い切り投げることができるので感謝です!大学の時は先発もしていたのでいつかは先発をやってみたいです。それと0点に抑えて初勝利が目標。』
(このゲームで初勝利を手中に!)


そして近頃のゲームではスタメン起用されている小黒選手。
左右に打ち分け3安打をマークしたり守っては1塁フェンス際でのファウルフライを好捕




『きっかけは特にないけどピッチャーに球数多く投げさせるように考えていること。今日は初回に打球を受け送球時には痛かった(鎖骨の下あたりに赤紫色の痣が…)あのくらいのファウルフライは捕らないとピッチャーを助けられないです(笑)』

大橋選手とのセカンドポジション争いが今後楽しみです


そしてスランプから脱出となったか?藤井選手

サイクルヒットにはならなかったものの3ランHR、2Bヒット、シングルヒット3本と快音が戻ってきました。

前期の結末は混沌としていますが残りゲームを必死に戦うだけです!


  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 10:44Comments(0)

2018年06月10日

初登板

6月9日(土)高崎城南球場にて栃木ゴールデンブレーブスを迎えての一戦が行われました。


このゲームは【NTT東日本スペシャルマッチ】として多くのお客様が来場されました。



先発の南投手も得点圏にランナーを背負う場面を幾度となく凌ぎ、味方にに1点をもらったが7回の鬼門を克服できず連打を浴びて降板…

南投手に代わって登板したのは6月7日に選手登録されたばかりの中野投手

#27中野 雄登(なかの ゆうと) 出身地:群馬県



しかし栃木:村田選手に犠飛を決められ同点


9回には同じ日に登録された田代投手

#22田代 大輝(たしろ たいき)出身地:神奈川県
(未だユニホームが間に合わず)



2者を打ち取った後に四球を与えたところで降板



結局ゲームは試合規定により引き分けとなりました。
ルーキーの二人にとって今日のゲームを今後に生かしてもらいたいですね!

  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 12:21Comments(0)

2018年05月24日

2018 ニューフェイス #4 小黒 功季 内野手

サラリーマン経験を踏んでからの入団となった小黒選手

『本当なら卒業後も野球を続けたかったけれど内定もあり、なかなか断って野球に進むことも難しい状況だったので社会人としてすごしていたけど入団できて良かったです。今の環境は自分にとってすごく良くて野球に集中できるので自分で決めた今の生活に満足しています。』



=シーズン目標は?=
『一致団結して日本一になること。』

=野球をやっていて良かったことは?=
『楽天戦に出られたこと。NPBとの試合に出られるなんて夢のようだった!』



=応援してくれる皆さんへメッセージ=
『自分が打席に立ったらより多くの声援をお願いします!』

好きな食べ物はオムライスという小黒選手。自炊しているから自分でも作るのかと思いきや
『自分では作れません。作ってもらうのが良いな!』だそうです。

美味しいオムライスの店を知っている方は小黒選手に教えてあげてくださいね~  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 21:58Comments(0)

2018年05月12日

2018 ニューフェイス #6 青木 颯(はやて) 内野手

今シーズン新入団選手を順番に紹介していきます

まず初めはショートのレギュラー取りを目指す青木選手!


『野球は気づいた時には始めていました。兄の影響もあっていつの間にか夢中になっていました。』


=これまで野球をやってきて思い出に残ることは?=

『高校と大学の時、自分の暴投により大事な試合で負けてしまったこと。その時は辞めたい…と思いました。チームの皆は今となっては何とも感じていないと思うけど今でも忘れられず、だからこそ守備練習にはより多くの時間を費やしています。バッティングは調子の波があるけど守備は練習しただけ成果が出るので!』


=打席ではデータ派か直感派か?=

『データを頭に入れて絞り球を狙う方かな…2ストライクに追い込まれてからは変えるけど。』


=打率も上がり打率ベスト10入りを狙っているか?=

『そんなことは思っていません。まずは“チームにどれだけ自分が貢献できるか”っていうことを考えて試合に出ています。もし貢献できればおのずと数字に表れてくるので意識はしません。』



『群馬DPに来たのは大学の先輩、大橋さんがいたからというのも入団を決めた理由の一つ』と話す青木選手。大橋選手との二遊間コンビも息がぴったり!?  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 19:48Comments(0)

2018年05月07日

連休最後のホームゲーム

ゴールデンウィーク最後の日曜日に高崎城南球場で行われたvs栃木戦



始球式には【群馬観光大使】でもある井森美幸さんを招いて始まりました。
3日前から100球近く投げ込みをし迎えた当日でした。
しかし本人曰く「山なりではなく“シュッといくボールを投げたかったのに・・・」ととても悔しそう。
このリベンジは今シーズン中に行われるかも??


練習の成果が表れた豪快なフォーム!ぐんまちゃんも応援


でもキャッチャー手前でワンバウンドするとガックリ




始球式の後も観戦された井森美幸さんの前で良い形で群馬が先制!


3回先頭の大橋が内野安打で出塁すると9番李が送りバント。1番鹿沼四球の後2番藤井がタイムリー!
続く青木もタイムリーで2点先取



2打席連続の2Bヒットの李選手。何か納得のいかないことでもあったのか?



6回四球を出し2out1・2塁となったところで集まるナイン



7回まで6安打の南投手でしたが8回1out1・3塁となり犠飛により1点を失なう



9回は荻野投手がきっちり締めゲームセット








☆☆☆準備万端☆☆☆


ゲーム前素振りをする平野監督
『代打、オレ!』の時がくるのか??



ぐんまちゃんも応援&自動車税期限内納税啓発(5月31日木まで)の為来場  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 20:29Comments(0)

2018年05月03日

始球式に井森美幸さん登場!

プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグ(Baseball Challenge League)の群馬ダイヤモンドペガサスでは、下記試合の始球式を、群馬県下仁田町出身で、歌手、女優、タレントと幅広く活躍され『ぐんま大使』でもある井森美幸さんが行うことが決定いたしましたのでお知らせ致します。

《 井森美幸さん 始球式 開催試合 》

【日時場所】 5月6日(日) 13時プレーボール 高崎城南球場
【対戦相手】 栃木ゴールデンブレーブス

是非球場にお越しいただき見どころ満載の始球式をご覧ください!
  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 18:41Comments(0)

2018年05月03日

新キャプテン #7 藤井 一輝

2018シーズンのキャプテンになった藤井選手。
自身も3年目となり今年にかける思いは誰よりも熱いものがあります!


『昨シーズンの終わりに監督から「来年はキャプテン・・・」と言われていたので新たに任命された時には覚悟はできていましたし、3シーズン目を迎えるというのはチームの中でも長い方なので“自分かな”という気持ちはありました。入団した年に日本一になり翌年も前後期優勝していたので負ける気がしなかったけど、BCリーグチャンピオンシップで信濃GSに敗れた時はショックだったし優勝できない悔しさも味わいました。自分たちが手を抜いていた訳ではなく準備もやってきたつもりだったけど“勝ちたい”という気持ち気迫が信濃の方が上回っていたし投手も打者も上手でした。』

=日本一を目指しキャプテンとしてチームをどう育てていきたいですか?=

『今のチームは打てると思うので投手が最少失点に抑えてくれれば打者が1点でも多く取って試合をつくっていきたいです。1戦1戦やるだけ。柿田や南が本来の調子を取り戻してくれれば優位な展開に持っていけると思う。それには自分自身がしっかりチームをまとめていかなければ…と。』



開幕戦では初回先頭打者ヒットで出塁し先制のきっかけを作ったり4回にはレフトへソロホームランを放ったりと打撃好調!




=2戦続けて新潟の大竹投手に抑えられていますが?=

『ストレートの速さと言うのは感じられなけど変化球とのコンビネーションが良く、またキャッチャーの構えたところにちゃんと投げられているので打っても外野手が守っているところへ飛んでいきヒットにならない…という感じですが3度目の対戦では打ち返します!!』



3年前は初々しかった藤井選手もチームの柱として今シーズンは戦ってくれますので皆さん期待してください!
  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 11:00Comments(0)

2018年04月21日

サヨナラ勝ち

4月21日(土)伊勢崎市野球場にてvs新潟戦が行われました。

8回まで新潟先発の大竹投手に散発4安打に抑えられ好機の芽すら見つからないまま9回を迎え、このまま1点に泣くゲームかと思われたけど9回1outからチャンスが訪れた!

9回先頭井野口が三振に倒れた後、4番カラバイヨがライト線を痛烈に破る2塁打!(代走:笠井)
久保田三振で2out 「万事休すか…」


しかし6番速水がセンター前タイムリーで2走笠井が一気に還り同点



7番富田のところで代打:小見山がセンター前ヒットで出塁すると代走大橋が盗塁


ここで新潟も長谷川投手にスイッチ



9番李が放った打球はフラフラッと上がりショート・センターの間にポトンと落ちるサヨナラ打となりゲームセット!









9安打1失点の完投勝利を挙げたセンテノ投手

まさに粘投でした


  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 21:51Comments(0)

2018年04月12日

2018 ルートインBCリーグ開幕

4月7日(土)上毛新聞敷島球場にて栃木ゴールデンブレーブスを迎えて開幕。





群馬県副知事 荻澤 滋様にご挨拶をいただき、さらに始球式も行われました。




宮下 紗衣(みやした さえ)さんによる国歌斉唱



5回終了後第8回ペガサス・エコ大賞が受賞団体『おおた・まちの先生見本市』様へ贈られました。




群馬先発はトーレス投手
初回から7回まで毎イニングランナーを背負うピッチングでしたが3点に抑え降板。




初回先頭の藤井がライトへヒットで出塁すると2番青木も出塁。1out後4番カラバイヨがレフトスタンドへ第1号3ランホームランで先制!

2回にも7番富田が2Bヒット後9番笠井がタイムリーで追加点。


4回四球で出塁した大橋が盗塁した後1番藤井がレフトスタンドへ第1号2ランホームラン!

さらに7回にも1点を入れ栃木3-7群馬



ところが8回から継投した南がソロホームランを浴び栃木4-7群馬



9回クローザーとして登板した柿田が四死球で2者を置いてから、配球を読み切ったかのようにフルスイングした八木選手の打球はスタンドへ…3ランホームランとなり同点



リーグ規定により引き分けゲームセット

開幕戦を勝利で飾ることができず残念…



カラバイヨや藤井選手のホームランが印象に残りますが、地味ながらも笠井選手(右)が攻守にわたり活躍!
そして9回1outから緊急登板した荻野投手が後続を抑え勝ち越しを阻止!


試合は始まったばかり。苦い初戦を糧にこれから上昇しよう!!




  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 22:09Comments(0)

2017年12月09日

2018年度 新入団会見

12月3日(日)ホワイトイン高崎で行われました。
緊張した面持ちで会見に臨み、言葉を選びながら抱負や質問に答えていた姿が印象に残りました。




平野監督からは「各選手とも“NPBへ行きたい”という明確な目標を持っていることに期待している。3月のキャンプインまでに各選手がどれでけ体を作ってくるのか楽しみにしています。本来個人の練習というものは人目のないところで常にやるもの。そしていつかは辞めるその時に悔いの残らない練習をしてほしい」とコメントがありました。
高橋コーチからは「先輩を蹴落としてでもレギュラーを取る!という気持ちを持ってシーズンを戦ってほしい。また長く居られるリーグではないので社会人として野球人として立派に卒業できるようにしてほしい」という激励がありました。











投手 #21 浦野 寛也(うらの ともや)高崎市出身

『去年は練習生として群馬DPに在籍し前期は「早く選手になりたい」とばかり思っていたけど後期になると「今の実力では無理だな…ならば今は修行の時期と思い力をつけよう」と考えを切り替えて過ごしました。力強いストレートとスライダーのキレを武器に投げていきたいと思います!』


内野手 #6 青木 颯(あおき はやて)神奈川県出身

『自分の売りは走攻守とそろっているところです。阪神の鳥谷選手のような怪我をしない体づくりをしていきたいと思っています。またこれから始まる高崎での生活も掃除や身の回りのことをしっかりやっていこうと思います。野球以外ではゴルフとスノーボードが得意です!』

(群馬はゴルフもスキー場もたくさんあるから合ってますね~~ちなみにゴルフのベストスコアは90だそうです)


内野手 #4 小黒 功季(おぐろ こうき)

『一度はJAに就職し軟式野球をやっていましたがNPBへの気持ちが捨てきれずトライアウト受け入団することができました。守備力や走塁、右方向へのバッティングをアピールしレギュラーを取りたいです。今は実家暮らしなので一人暮らしに対して「どうなるのか・・・」という不安はあります。』


外野手 #25 齋藤 輝一(さいとう きいち)新潟県出身 

『外野、内野とどこでも守れる選手を目指してやっていこうと思います。初球から思い切り振り、長打より単打を多く打ち首位打者を狙っていきたいです!掃除や洗濯は得意だけど料理は・・・このリーグはNPBへのチャンスがあると思っているので目標に向かって進みます!』




4人の中で最初にヒーローインタビューを受けるのは誰か?楽しみですね~~  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 17:45Comments(0)

2017年11月27日

2017シーズン退団

既に球団発表の通り今シーズン勝利のためにプレーした選手が退団となり新たな道へ進みました。



キャプテンとしての苦労もあったと思うけど常に笑顔を絶やさなかった竹内選手



勝利数13勝リーグトップタイの記録を立て群馬DPの投手陣をけん引した伊藤投手



この写真を撮ったころは永井(中央)椙山(右)選手が今シーズンで辞めてしまうとは思わなかった…
来季は速水(左)選手が攻守にわたり群馬DPを引っ張っていってくれるでしょう!



短い期間だったけど1勝を挙げた本田投手



チャンスでの一打や駿足をとばしての走塁は記憶に残る箱田選手



たくさんの思い出をありがとう。
そしてこれからの人生もさらに輝けることを願っています!
  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 21:09Comments(0)

2017年10月03日

BCLチャンピオンシップ 第5戦

【前払いできるくんPresents 2017ルートインBCL CHAMPIONSHIP SERIES】
10月2日連覇のかかる群馬DPと初制覇がかかった信濃GSとの一戦は9回裏まで熱戦が繰り広げられましたが信濃GSの初優勝で幕が下りました。


最終戦の先発を任された南投手



9回裏箱田の犠飛て1点差に詰め寄るとスタンドもベンチの選手も声の限り声援



2out1・3塁で速水の打球はサード頭上を越えたかのように見えたが三塁手のグラブに収まりゲームセット









2017シーズン後期初優勝をしてから西地区優勝、BCL優勝と一気に駆け上がった信濃GSの皆さん優勝おめでとうございます!
この勢いを持って日本一を勝ち取ってください。


 ☆シーズン終了☆


















開幕当初の寒い時期も猛暑の時も常に群馬DPへ熱い声援を送っていただき本当にありがとうございました。
一番良い形で締めくくりたかったけれど勝ち続けることは難しかったです・・・

またメンバーは変わりますが来季もよろしくお願いしあげます。


  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 22:43Comments(0)

2017年10月02日

BCLチャンピオンシップ 第4戦


【前払いできるくんPresents 2017ルートインBCL CHAMPIONSHIP SERIES】
第4戦は信濃GSが王手で迎えたゲームでしたが何とか群馬DPも一矢報い勝率タイに持ち込むことができました!


群馬先発トーレスは初回2outから3連打で1点を失い先行き不安な立ち上がりとなりました



一方信濃先発は樫尾投手。第2戦では抑えられてしまいました。



しかし打順とスタメンを入れ替えたことが功を奏したのか2回と6回以外は得点を積み重ね勝利








『5戦目は接戦ならうちが勝つと思うし打ち合いになるなら群馬有利かな?とにかく総力戦となるから力の限り戦いますよ~~』と語った山崎投手。



『初回と3回は先頭打者を出塁させてしまい得点につながったことが敗因。明日は最後なので自分の出番があるならば投げたいですね』と樫尾投手


群馬としては山崎投手が投げない展開に持ち込みたいところ。
最終戦も応援よろしくお願い申しあげます。

10月2日(月)18時~ 前橋市民球場
予告先発:ロン(信濃)  南(群馬)

樫尾投手と山崎投手のインタビューに際しご協力をいただいた信濃グランセローズ球団様、ありがとうございました。  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 16:51Comments(0)

2017年10月01日

BCLチャンピオンシップ第3戦


【前払いできるくんPresents 2017ルートインBCL CHAMPIONSHIP SERIES】
第3戦は群馬1-3信濃の結果で終わりました。
1勝2敗と後が無い状況ですがまだ優勝の芽がなくなったわけではないので、今夜のゲームはしっかりと自分たちの野球をやってくれると思います!


結果的には4回表、伊藤投手の独り相撲のような形で3点を献上してしまいましたが他のイニングは堅いバックに守られ抑えていただけに残念です。きっとこの悔しさを晴らしてくれるでしょう!




上位打線が沈黙の中独り気を吐いた5番永井選手。ソロホームランを含む4打数3安打




抑えとしてきっちりと仕事をしている柿田。






=藤井選手の談話=

(第4戦予告先発信濃:樫尾投手)
『同じ投手に2度やられるわけにはいかないので第4戦はしっかりと勝ちにいきます!なんでもかんでも打ちにいくというのでは無く狙い球をしっかり見極め1球で仕留めるバッティングをして出塁します』

(3回:センター前ヒットから2走をホームで刺した送球)
『あれは普段からやっていることで自分の持ち味です』

【前払いできるくんPresents 2017ルートインBCL CHAMPIONSHIP SERIES】
第4戦は前橋市民球場にて18時開始ですのでスタンドでネットで応援よろしくお願い申しあげます。  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 10:28Comments(0)

2017年09月19日

地区CS 優勝

9月17日(月)【前払いできるくんPresents 2017ルートインBCL CHAMPIONSHIP SERIES】のFUTURE-East地区優勝を決めることができました。






第1戦は福島先発:間曽投手の前にカラバイヨのソロホームランだけの得点でなす術なく7対1で敗戦。
第2戦は初回先頭の藤井が安打で出塁しカラバイヨのタイムリーで先制した1点をトーレス、柿田、コレアが守りきり0対1xで勝利。



しかし福島ホープスの各選手の気迫と1球への執着は群馬DPより勝っていました。この2試合で味わった緊張感を忘れずリーグCSに臨んでもらいたいです。






自らのエラーであわや同点となるところ・・・
歓喜の輪をしばし眺めているカラバイヨを促す藤井選手  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 23:11Comments(0)

2017年09月14日

#11 本田 敦也 投手

紹介遅くなりましたが後期から群馬DPに入団した本田投手。



9月9日のvs武蔵戦では古巣相手に先発し初勝利を挙げました。

=初勝利の感想は?=

『武蔵を戦力外になり群馬のテストを受け入団しました。投げる時はいつも緊張しています。武蔵戦の前日に先発を言われ特に意識はしなかったけど、何か思うようなピッチングが出来ず調子も良くはなかったのでコントロールには気を付けて投げました。結果それが良かったのかもしれないです。』


=これから日本一を目指しての戦いが始まりますが、本田投手はどう絡んでいきたいですか?=

『先発っていうことはないと思うけどどんな場面で起用されるかわからないので、いつでも投げられるよう備えて準備を怠らず試合に臨みたいです』


毎日ウエイトトレーニングは欠かさないという本田投手。
初勝利をきっかけに今までためてきた力を一気に発揮してもらいましょう!
  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 22:37Comments(0)

2017年09月09日

ホーム最終戦

早いもので2017シーズンもあと1試合を残し終了となりました。
大幅な選手入れ替えがあり戦前は優勝の期待も薄かったように感じられましたが、予想を覆す戦いを見せ前後期ともに優勝することができたのは素直にうれしいです!でも戦いはこれからも続きますので再びの応援をよろしくお願い申しあげます。






同点に追いつかれた直後、値千金の第15号ソロHRを放った井野口選手。
8月月間MVP(野手部門)も獲得



古巣武蔵HBを相手に先発した本田投手



ホーム最終戦にして初勝利の本田投手(左)と初セーブを挙げた谷口投手



9月16日(土)から始まる地区チャンピオンシップを勝ち抜くにはやはり藤井選手の活躍は不可欠!
期待してくださいicon14

  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 21:24Comments(0)