最新情報球団情報選手情報スケジュール試合結果サポートショップ一覧グッズ販売後援会のご案内
群馬ダイヤモンドペガサス予告先発

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 57人

2018年10月29日

シーズン報告会

10月21日(日)に群馬DPのスポンサー様であるスマーク伊勢崎店にて開催されました。長きに渡り群馬DPを支えてくださっている貴店に平成最後の独立リーグ日本一の報告ができたことを嬉しく思います。


代表者様からのご挨拶


平野監督


高橋コーチ


いただいた花束で挨拶のリレー


藤井キャプテン


選手一人ひとりからコメント





藤井キャプテンからのコメントで「何か言っても言うことを聞かない選手が多いので・・・」に対してお客様から『誰が一番言うことを聞かないのか?』との問いに答は…(この写真に写っている誰かです!)


最後にハイタッチでお見送り


平野監督も見送られ???

たくさんのお客様に囲まれ楽しいトークとゲームをしてすごしました。
お越しいただきありがとうございました!

  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 20:55Comments(0)

2018年10月15日

2018日本独立リーググランドチャンピオンシップ優勝

10月14日(日)前橋市民球場にて開催された第4戦で群馬ダイヤモンドペガサスは2年ぶり2度目の日本一の栄冠に輝きました!


ここまで至るにはたくさんの応援を送ってくれるファンの皆さんととスポンサーの方々、開催にあたりご尽力いただいた皆様のおかげと思います。ありがとうございました!



2勝1分けで迎えた第4戦をリラックスしている様子






群馬先発トーレス



香川先発:石田投手



2回香川の三好選手にバックスクリーンに運ばれるソロHRを打たれ先行されますが4回井野口がソロHRで同点

5回にも香川が再び1点リードとなり何とかしたかった群馬


6回1死1・2塁の場面で5番富田が放った打球はレフトスタンドへ逆転の3ランHR!

その後も毎イニングランナーを出す香川チームに対して防戦の群馬でしたが最後の打者を抑えゲームセット









香川オリーブガイナーズの選手たちの堅実な守備や送球を群馬は見習わなければならないと感じました






敢闘賞は香川オリーブガイナーズ:三好 一生捕手

最優秀選手は誰か?




このシリーズ2勝のトーレス投手でした!



逆転の3ランを放った富田選手 勝利を引き寄せた1打に囲み取材中!



優勝賞金100万円を懐に入れようとする平野監督を阻止する高橋コーチ



最後のミーティング



NPBならシャンパンファイトというところでしょうが・・・


炭酸水ファイトでした


来季続投を快諾した理由を聞かれると

『 “選手を育てる”というとてもやりがいのある仕事。でも裏方仕事もこなさなきゃならない大変な仕事でもあるけど…来年は熱中症にならないよう気をつけて頑張ります!』



『日本一になれて嬉しい以外に何もない!』と藤井キャプテン。
いい笑顔です!





  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 21:42Comments(0)

2018年10月14日

グランドチャンピオンシップ第3戦

10月13日(土)前橋市民球場にて行われました





地元開催にあたりペガサスジュニアに所属する外丸投手と渡辺捕手による始球式でした




香川オリーブガイナーズ先発は秀伍投手



群馬先発は田代


ゲームは逆転に次ぐ逆転の展開で勝敗の行方がわらない最後まで息の抜けない内容でした。



7回からリリーフの原田投手(手前)も要所を締めるナイスピッチング



9回からは荻野 2イニング良く抑えました!



延長10回裏サヨナラの場面も作ったが藤井の放った打球はジャンプ一番!1塁手のミットに収まりゲームセット




試合規定により引き分け


第4戦の先発は香川:石田、群馬:トーレス
前橋市民球場にて18時から試合開始ですので応援よろしくお願い申しあげます!

  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 15:14Comments(0)

2018年10月12日

グランドチャンピオンシップ 群馬ラウンド

10月7日から香川オリーブガイナーズとの2018シーズングランドチャンピオンシップが始まりました

群馬は4度目のグランドチャンピオンシップに出場し四国の4チーム全てと対戦できることは幸運なことだと感じています。


ライト方向の照明が点いていないのは魚が寄ってこない為だそうです。
(3塁スタンド後方は海がすぐ近くだった)





勝っても「気持ちを緩めることが無いように」と高橋コーチの話


第3戦は10月13日(土)18時~前橋市民球場にて開催


先発は田代投手
BCLチャンピオンシップ第3戦ではロングリリーフを務め勝ち投手に

応援よろしくお願いします!  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 23:17Comments(0)

2018年10月06日

2018グランドチャンピオンシップに向けて


『リーグ優勝を果たせて良かったけどまだこれからの戦いが待っているし、数日の間に上手くなる訳ではないのでしっかり自分ができることを準備して臨みたいです。今シーズン特に後期は良い雰囲気の中で野球が出来ている。平野監督、高橋コーチまた自分が怒るようなこともなく和気あい合いとした空気が流れています。決勝タイムリーを打った人ばかりが活躍しているわけでなく、ベンチから声を出す人、ブルペンで調整の役割を担っている人、裏方で試合進行をしている人が一丸となって掴んだリーグ優勝だと思っています。このグランドチャンピオンシップを最後にチームを離れる人や上を目指している選手、来期も残る選手もいて今後の方向性はバラバラだけど全員が日本一を目指しているのは間違いないので、劣勢な状況になっても慌てることなく、しっかり今まで培ってきた野球を存分に発揮しようと思いますので応援よろしくお願いします!』 キャプテン:藤井 一輝



グランドチャンピオンシップ第1戦の先発は柿田兼章

スタンドでネットで応援よろしくお願いします!
  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 17:58Comments(0)

2018年10月02日

2年ぶりのリーグ優勝






台風の影響で予定されていたルートインBCLC第4戦は2日遅れの10月1日(月)の開催されました。
福井先発:濱田投手、群馬先発はトーレス。

戦前の予想通り好投による僅差の展開で6回まで進みました。


7回表先頭の鹿沼がセンター前ヒットで出塁し小黒の犠打が相手の抽出を誘い、つづく青木も犠打を試みますが福井の好守にはばまれ鹿沼は3塁でアウト。

藤井は四球を選び1死満塁


3番井野口はセンター前ヒットでようやく2点追加


好投していた濱田投手も思わず天を仰ぐ


4番カラバイヨも変わった楊投手からタイムリーを放ち6-1とリード


しかし7回裏疲れも出始め集中力が薄らいだトーレスに福井打線はたたみ掛け3点を挙げ6-4と群馬に迫ります


9回裏2outから8番木下選手が気迫の一振りをレフト前に運びましたが得点に至らずゲームセット

3勝1敗の成績で群馬DPが優勝!

常に緊張感を持って戦えたのは福井ME選手たちの全力プレーがあったからこそ!




3戦目からは福井MEがホームとして後攻めになるとイニング間のグランド整備や試合後のグラウンドを丁寧に均してくれた姿が心に残りました。

10月7日(日)からは香川オリーブガイナーズと日本一を目指しての戦いが始まりますので今までと変わらない熱い応援をよろしくお願いします!  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 22:45Comments(0)

2018年09月25日

ルートインBCリーグチャンピオンシップ第3戦

9月24日(月)BCLCS第3戦が行われました。



勝った方が王手となる試合だけに選手は勿論両チームの応援も今まで以上に熱い声援が飛んでいました。
本来なら福井へ移動しての開催でしたが諸事情により全戦群馬で行われるため3戦目からは群馬先行、福井後攻


福井先発横山投手



群馬先発は柿田




初回は無難に済ませたが2回荒道選手にソロHR、その後もピリッとしないピッチングが続き3回先頭打者に四球、次の打者にはライト前へ運ばれたところで柿田を諦め田代へスイッチ。負けられない試合のため早めの継投を選んだ平野監督



3回無死ランナー1・3塁の場面でマウンドに上がった田代はヒットを打たれ1失点。
4回にも須藤選手にソロHRを打たれましたが大崩れすることなく回は進みます。



5回鹿沼レフト前ヒット、代打李もセンター前、青木は四球を選び、藤井サードゴロの後井野口の犠飛で李が還り1点。そしてカラバイヨの一振りで逆転!

粘投の田代を援護するかのように8回9回追加点を入れ群馬DPは勝利



カラバイヨの痛烈な当たり(ファウル)を間一髪かわした青木






『イニングが終わる度に「えっまた自分?!」と思いながら9回まで投げました。』田代:談
疲れはあったと思うけど話す言葉は満足そのもの!




第4戦は9月29日(土)18時から前橋市民球場で開催予定です。
福井MEの先発は初戦登板した濱田投手が予想されますが同じ轍を踏まないことを願いましょう!
応援よろしくお願いします。  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 20:41Comments(0)

2018年09月23日

ルートインBCリーグチャンピオンシップ第2戦

9月23日(日)BCLCS2戦目が行われました。




群馬先発トーレス



福井先発、園田投手


トーレスはシーズン通りのピッチングで毎回奪三振の計15の完投
打線もキャプテン藤井の当たりが戻ってきたし、脚を生かした鹿沼のプレーが光ったゲームとなりました。











これで1勝1敗となり明日の第3戦を取った方が王手。
明日の先発は群馬:柿田、福井:横山投手!応援よろしくお願います。

なお3戦目からは群馬DPが先行、福井MEは後攻になります。  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 23:54Comments(0)

2018年09月23日

ルートインBCリーグチャンピオンシップ第1戦

9月22日(土)からBCLCS福井MEvs群馬DPが始まりました。




群馬先発センテノ



福井先発濱田投手


初回群馬はカラバイヨのタイムリーで先制しますが、4回センテノの連続押し出しで先行されてしまいます。



5回から乱調のセンテノに変わり谷口は得点を与えないナイスピッチ



3番手の南は7・8・9回とシーズン以上の出来栄えで安打許さず



2本のホームランを打たれながらも無駄なランナーを出さない巧みなピッチングで完投の濱田投手



9回裏ショート後逸で出塁したが小黒はショートフライでゲームセット






第2戦は積極的にゲームを展開していこう!!
  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 15:20Comments(0)

2018年09月16日

FUTURE-East地区優勝



9月15日(土)前橋市民球場にて開催された福島ホープスとの地区チャンピオンシップは延長12回0-0引き分けにより群馬ダイヤモンドペガサスの優勝が決まりました(前期後期とも優勝しているため引き分けでも優勝)

記憶に残る試合となった福島とのゲームは最後まで息をのむ白熱した戦いでした。群馬DPの選手とりわけこの一戦に関しては投手陣の踏ん張りによるもの!
9月22日(土)前橋市民球場にて18時から始まるルートインBCリーグチャンピオンシップまでには打線も奮起してくれるでしょう。



群馬先発のトーレス。シーズン通りのピッチングで三振の山を築く



10回トーレスの後を受け継いだ荻野投手でしたがヒットで出塁したランナーを2塁に進められたところで降板・・・
『今日はみっともなかった…』と悔しがっていた



10回2outから登板した田代投手(中央)
11回は3塁まで進まれるも最後は三振に仕留め、12回も三者凡退に切って取るナイスピッチング!



トーレスの思いがげない捕球で併殺を取ったり、センター藤井の好捕、サード富田のチャンスの芽を摘む守備が光った試合でした。





ルートインBCリーグチャンピオンシップでの対戦相手はまだ決まっていませんが群馬DPは全力を尽くすだけ  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 07:32Comments(0)

2018年09月08日

後期最後のホームゲーム

2018ルートインBCリーグ後期のホームゲームを勝利で終えることができました!






  平野監督胴上げ



  カラバイヨ・・・上がらず



  ファンと一緒に


地区CS第1戦は9月15日(土)18時から前橋市民球場にて福島ホープスとのゲームが開催されます。
日本一を目指しての戦いが始まりますので今まで通りの熱い応援をよろしくお願い申しあげます!  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 21:56Comments(0)

2018年08月19日

後期も終盤

あと10試合(振替含む)となりましたが1戦必勝で頑張れ~~


ゲーム前もリラックス♪


内野守備をどこでもこなす李選手


「入団した時は5勝を目指していたけど残りゲームを考えると先発はセンテノとトーレスがいるから無理かなぁ…でも投げるからには勝てるように頑張ります!」田代(現在3勝)  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 10:19Comments(0)

2018年08月18日

ニューフェイス #11 庄司 海斗投手

紹介が遅くなりましたが7月10日に選手登録された庄司投手


「6月下旬にトライアウトを受け入団しました。今は野球に専念できる環境になり良かったので集中していきたいです。結果は未だ出ていないけど先発で投げるより中継ぎとして毎試合投げたいので自分のピッチングのいいところを皆さんに見て欲しいと思っています!」

寡黙な中にも秘めた闘志を持ち合わせた庄司投手の活躍に期待!

◆出身地:東京都
生年月日:1995年11月1日(22歳)
身長/体重:179cm/84kg
投打:左投左打
経歴:桜美林高-桜美林大学-SUN HOLDINGS  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 09:38Comments(0)

2018年08月15日

柿田投手を援護する3本のホームラン

8月12日(日)高崎市城南球場にてJR東日本高崎支社スペシャルマッチとしてvs栃木戦が開催されました。


始球式は高崎支社長の木村法雄様



群馬先発は柿田投手。1回裏にカラバイヨ第20号2ランHRもありテンポよく得意のカーブと緩急をつけたピッチングで7回まで被安打4と無得点に抑えていました



内野手もピンチを救う併殺を4個取る攻守を見せた



完投も見え始めた8回連打で1点を失い降板




後を受けた谷口投手(中央)が後続を断ち8回表を終えます


“ピンチの後にはチャンスあり” という言葉通り

8回裏1outランナー1塁において3番井野口がレフトへ第18号2ランHR



4番DHカラバイヨがこのゲーム2本目となるライトへ第21号ソロHR



5番富田もレフトへ第9号ソロHRで一挙4得点を挙げました!






「最後は疲れたぁ・・・今日は変化球が良いところに決まっていたのでなんとか抑えられた。」

  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 10:37Comments(0)

2018年07月18日

井野口選手と桐生球場

今シーズンも桐生球場での開催がありました。群馬DPには桐生出身や市内の高校出身の選手がいますが、その中でも井野口選手は小中学生のころから慣れ親しんだ球場でもあり、そして今年もホームランを放つなど盛り上げてくれました。


「(HRが)フランキーのように場外とはいかなかったけれど…今年も打てて良かった!」

=ホームラン数ではカラバイヨを1本リードしている現在、今シーズンはタイトル狙いますか?=

「フランキーは固め打ちしてくるからそのうち抜かれちゃうと思うし意識はしてないな」


荻野投手(左)もここで練習を積んだひとり



次回は先発として投げて欲しいですね


今までもこれからも対戦するのは相手チームだけではなく暑さも強敵face10
集中力を切らさず頑張れ~~~












何か楽しいことでも???



  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 21:37Comments(0)

2018年07月01日

ニューフェイス #27 中野 雄登投手


6月7日に選手登録され後期開幕戦で初勝利を収めました。

『追い込まれた中での登板でも“抑えよう!抑えよう”と思ってマウンドに上がると力が入りすぎるので冷静に投げるように思っています。高校の時からペガサス入団は進路の選択と考えまず練習生として入り、選手登録できたので後期も優勝に貢献できるよう頑張ります。一緒に登録された田代投手は一番の良きライバル!負けないようにしないと』

若い戦力の台頭に期待してください!


出身地:群馬県
生年月日:1997年9月15日(20歳)
身長/体重:177cm/85kg
投打:右投左打
経歴:勢多農林高-鮮ど市場ゴールデンラークス  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 11:29Comments(0)

2018年06月25日

後期スタートは☆発進

前期最終日に栃木戦で勝利し優勝が決まった群馬ダイヤモンドペガサス!






翌日には後期が開幕するはずでしたが雨天中止になり6月24日(日)伊勢崎市野球場にて武蔵ヒートベアーズを迎えてゲームが行われました。









先発を任されたのは柿田投手



3回まで3者凡退に打ち取られていましたが4回先頭の藤井が2Bヒットで出塁したのをきっかけに3点を挙げリードします。


6回にも2Bヒットを放った藤井選手

6回は打者一巡で6得点を得、勝利を引き寄せました!







このゲームで久しぶりに9番レフトでスタメン出場した笠井選手は4打数2安打。慣れないレフトの守備も無難にこなしました。


『ゲーム前高橋コーチや平野監督から自分の置かれている状況や何をしなければならないか…ということを話したり打席でのアドバイスを受け、やってみたらヒットも打てたので結果が今日は表れて良かった。どんなかたちでも塁に出て走ることが自分の役割なのでしっかりとやっていきたいと思っています。守備は得意だと思っていたのにフライを落としてから何か怖くなったというか…まぁ守備も練習を積みます。』


何といっても笠井選手の魅力は脚と肩。
下位打線に走れる笠井選手と鹿沼選手がいることでピッチャーにプレッシャーをかけることでしょう!




  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 22:03Comments(0)

2018年06月17日

Topics

6月16日(土)熊谷さくら運動公園野球場にて武蔵ヒートベアーズとのビジター戦が行われました。

群馬先発のトーレスは初回を4球で終える上々のスタートだったものの3回先頭打者にヒットで出塁を許すと突如制球が乱れ危険球による退場となり、緊急登板した谷口投手も制球定まらず2outから3番手としてリリーフしたのが田代投手




『厳しい状況の中での登板が自分の役割だと思うのでしっかり抑えるピッチングしていきたいと思っています。打者ががたくさん点を取ってくれるので自分も思い切り投げることができるので感謝です!大学の時は先発もしていたのでいつかは先発をやってみたいです。それと0点に抑えて初勝利が目標。』
(このゲームで初勝利を手中に!)


そして近頃のゲームではスタメン起用されている小黒選手。
左右に打ち分け3安打をマークしたり守っては1塁フェンス際でのファウルフライを好捕




『きっかけは特にないけどピッチャーに球数多く投げさせるように考えていること。今日は初回に打球を受け送球時には痛かった(鎖骨の下あたりに赤紫色の痣が…)あのくらいのファウルフライは捕らないとピッチャーを助けられないです(笑)』

大橋選手とのセカンドポジション争いが今後楽しみです


そしてスランプから脱出となったか?藤井選手

サイクルヒットにはならなかったものの3ランHR、2Bヒット、シングルヒット3本と快音が戻ってきました。

前期の結末は混沌としていますが残りゲームを必死に戦うだけです!


  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 10:44Comments(0)

2018年06月10日

初登板

6月9日(土)高崎城南球場にて栃木ゴールデンブレーブスを迎えての一戦が行われました。


このゲームは【NTT東日本スペシャルマッチ】として多くのお客様が来場されました。



先発の南投手も得点圏にランナーを背負う場面を幾度となく凌ぎ、味方にに1点をもらったが7回の鬼門を克服できず連打を浴びて降板…

南投手に代わって登板したのは6月7日に選手登録されたばかりの中野投手

#27中野 雄登(なかの ゆうと) 出身地:群馬県



しかし栃木:村田選手に犠飛を決められ同点


9回には同じ日に登録された田代投手

#22田代 大輝(たしろ たいき)出身地:神奈川県
(未だユニホームが間に合わず)



2者を打ち取った後に四球を与えたところで降板



結局ゲームは試合規定により引き分けとなりました。
ルーキーの二人にとって今日のゲームを今後に生かしてもらいたいですね!

  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 12:21Comments(0)

2018年05月24日

2018 ニューフェイス #4 小黒 功季 内野手

サラリーマン経験を踏んでからの入団となった小黒選手

『本当なら卒業後も野球を続けたかったけれど内定もあり、なかなか断って野球に進むことも難しい状況だったので社会人としてすごしていたけど入団できて良かったです。今の環境は自分にとってすごく良くて野球に集中できるので自分で決めた今の生活に満足しています。』



=シーズン目標は?=
『一致団結して日本一になること。』

=野球をやっていて良かったことは?=
『楽天戦に出られたこと。NPBとの試合に出られるなんて夢のようだった!』



=応援してくれる皆さんへメッセージ=
『自分が打席に立ったらより多くの声援をお願いします!』

好きな食べ物はオムライスという小黒選手。自炊しているから自分でも作るのかと思いきや
『自分では作れません。作ってもらうのが良いな!』だそうです。

美味しいオムライスの店を知っている方は小黒選手に教えてあげてくださいね~  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 21:58Comments(0)