2016年12月08日

新入団会見

2017年シーズンへ向けて新入団選手の会見が12月4日高崎市にある“ホワイトイン高崎”にて行われました。



平野監督からは『プロフィールに載っている体重を見ると随分少なく申告しているようだけど??』といきなり辛口な発言に始まり『入団してホッとするのではなく、これからが厳しい道の始まり。色々なことがあると思うけれど野球を嫌いになってほしくない。各自目標を持って怪我をしないよう、そして3月のキャンプまでには絞れた体を作ってきてもらいたい。』とコメントがありました。






新入団選手には野球以外の得意スポーツとグラウンドに立った時何と呼んで欲しいか聞いてみました!


投手 #17 荻野 恭大(おぎの やすひろ)群馬県桐生市出身 前年在籍:桐生西高校

『自分のアピールは速球なので伊藤投手を手本にピッチングをしていきたい。“ヤス”と声をかけてください!得意なスポーツはドッヂボールです。』



捕手 #2 久保田 勇眞(くぼた ゆうま)東京都大田区出身 前年在籍:信濃グランセローズ

『肩の強さと思い切りの良いリードまた勝負強さを見て欲しいと思います。群馬は雪が少なく温かいですね!みなさんからは“ユウマ”声をかけてほしいです。野球以外では卓球も得意です。』



捕手 #27 東屋 宏明(あずまや ひろあき)大阪府堺市出身 前年在籍:関西国際大学

『肩が強いところと冷静な判断、スマイルが売りです!愛称は“だるま”ですが“ズーマー”とも呼ばれています。ボーリングも得意でパーフェクト達成したこともあります!よろしくお願いします。』



内野手 #0 椙山 人臣(すぎやま ひとみ)群馬県嬬恋村出身 前年在籍:大東文化大学

『守備範囲の広いところを見て欲しいです。嬬恋出身で4年ぶりに群馬に戻って野球が出来るので懐かしい気持ちです。高校では夏は野球冬はスピードスケートをやっていました。500と1000メートルが得意で結構勝ってました!呼び名と言うのは特に無いので苗字でも名前でもどっちでも呼んでください。』



内野手 #8 大橋 諒介(おおはし りょうすけ)神奈川県横浜市出身 前年在籍:鶴見大学

『スピードのあるプレーやチャンスでの一打を見てください!実家は蕎麦屋なので群馬はうどんの印象が強いです。小学校や中学ではバスケットやサッカーをしていましたしフットサルは今でも続けています。あだ名と言うのが無いので皆さんに付けてもらいたいです。』




外野手 #1 笠井 聖寿(かさい せいじゅ)北海道苫小牧出身 社会人復帰

『足の速さを売りに対戦相手から嫌な選手と思われるような存在になりたいです。高校を卒業してからは社会人として過ごしていたけど、どうしても野球を諦めきれず周りの人たちに相談してみたら “もう一度挑戦してみろ” との声に再び野球に取り組む気持ちが強くなりトライアウトを受けこの場に立つことができたので藤井選手を目標にやっていきたい。北海道出身だけどスキーはやらないですねぇ…でもスケート(ホッケー)は得意ですよ!心配なのは群馬の暑さに不安があります・・・特に呼び名はないけど友達からは“せいじゅ”と呼ばれています。』




外野手 #9 臼井 一朗(うすい いちろう)福島県いわき市出身 前年在籍:群馬DP練習生

『走攻守において思い切りの良さをアピールしていきます。今年群馬DPが日本一になって嬉しかった思いと悔しかった思いとがあったので2017年シーズンは登録選手として日本一を味わいたいです!グラウンドに出たらもちろん“イチロー”と呼んでもらいたいですね。卓球も得意ですよ!!』


  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 22:36Comments(0)

2016年11月28日

退団 2016

シーズン終了と同時にやってくるのが選手たちの新たな道への第1歩となる退団・・・
日本一の座を手にした自信と誇りを持ってこれからの人生を歩んでくれることを願っています!


キャプテン#0 高橋 皓紀選手
今シーズンはキャプテンとして悩む時もあったと思うけど最後は何度も胴上げされ良かったね!



#16 町田 翔司投手
先発・中継ぎ・抑えと色々なポジションで活躍してくれました



#13 堤 雅貴投手
高卒で入団してきたときは初々しかった堤投手でしたがすっかり貫禄がつきました!



#57 新井 裕太選手
“温厚な人柄”というと新井選手の名前が一番先に上がるほど優しい選手でした



#22 吉井 祐貴捕手
一年で退団してしまうのは淋しいけれど新たな道で頑張って欲しいですね



#31 宇田川 和哉捕手
いつでも明るく元気の良い挨拶を忘れない宇田ちゃん!



#62 タマヨ・ゴンザレス投手
短い間だったけど日本での野球経験をこれからも生かしてほしいですね



#8 森岡 大和選手
幅広い年齢層のファンを持つという面ではチームNo1
   


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 19:57Comments(0)

2016年10月14日

2016 有終の美

2016年日本独立リーグチャンピオンシップは群馬DPの優勝でシーズンを終えました。
今シーズンも日本一の座を目指して四国ILプラス4球団とルートインBCリーグの8球団が戦ってきましたが念願がかなうのは1球団だけ。その座につけたことは本当に嬉しく思います。
これまで苦しい時もありましたがいつも熱い応援を送ってくださった人々、スポンサーの方々、辛酸を嘗めた監督やコーチ、選手たちにも思いを馳せながら優勝の喜びを味わいます!



試合前、後が無い状況から勝率タイに持ち込み最終戦の前のアップ
三橋マネージャーに試合のポイントを聞いたところ「選手がどれだけ頑張れるかだと思う。あとは森岡が打ってくれれば・・・」



先手を取ったのは井野口左中間への2点タイムリー



(ヒットで出塁していた高橋・藤井が生還)



1・2戦目は当りが無かったけど群馬に戻ってきてから快音が聞かれた森岡選手
(第5戦、4回裏1outからライトへ2Bヒットの場面)



打順下位に森岡選手がいることで打線に厚みが出ました



先制点をもらいながらピリッとしない南(5回デッドボールを与えたところで降板)

一度は愛媛MPに逆転を許しましたが裏の回に井野口…2ランホームランで再びリード。
7回にもチャベスの3ランホームランなどで4点を挙げ勝利を手繰り寄せました!



最後の打者をセンターフライに抑えゲームセット




    ☆☆☆閉会式☆☆☆


愛媛MPの最後まで諦めないで戦う姿勢は素晴らしかった。
特に終盤の粘りは群馬の選手にも来季身に付けてもらいたいと思いました。



















第3戦が終わった時ベンチで放心状態だった監督に声をかけると
「疲れた…って言葉で言い切れないくらい疲れたよ」と言ってた平野監督、本当にお疲れ様でした!



「第2戦のサヨナラとなった打球はあと2~3歩足りなかった。悔しかったですね」藤井:談
「優勝したことはホント嬉しい、でも自分がこのシリーズに絡めなかったことは悔しい。ホントに悔しい、絶対来シーズンは取り返します!」沼田:談



「嬉しい以外に何もないッス」高橋:談



「ホームランになった球種はスライダー。ホームランを打てたことも嬉しいけど優勝したことが一番嬉しい。来シーズンもこのチームでプレーしたい」チャベス:談



6回裏から愛媛MPは正田投手にスイッチ。2度目の先輩対決となった速水選手は初球をクリーンヒット
「何でもいいから初球から思い切って振ろうと思って打席に入りました」




「念願かなって良かった!3度目にしてやっと優勝できたからなおさら嬉しい。前期終わって松沼コーチが抜け自分としては支えが無くなったというか、気分的にも落ち込み成績も落ち込んだけど平野監督が投手一人一人の特性を生かしてくれたので良い成績を残すことができた」堤:談



安打で出塁を許すも次打者を併殺に仕留め、さらに三振に切って取り役目を果たした山崎投手



野手陣



投手陣


今シーズたくさんの応援に支えられながら最高の締め括りで終えることができました。
本当にありがとうございました!
来シーズンもよろしくお願い申しあげます。










  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 19:52Comments(0)

2016年10月11日

日本一

10月10日(月)前橋市民球場にて日本独立リーググランドチャンピオンシップ2016第5戦が行われ群馬ダイヤモンドペガサスが3勝2敗の成績で優勝しました!










優秀選手賞は愛媛マンダリンパイレーツの四戸 洋明投手、最優秀選手賞は群馬ダイヤモンドペガサスの伊藤 拓郎投手



監督の胴上げ(思うように上がらず…)



高橋キャプテンは軽々!


今シーズンたくさんの応援をいただきありがとうございました。
三度目の正直で日本一になれたのもたくさんの声援と色々な方々のご尽力のおかげだと思っています。

選手の嬉しい表情は後日アップします。  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 00:20Comments(0)

2016年10月10日

GCS第4戦


10月9日(日) 勝たなければならないゲームが始まりました



崖っぷちから盛り返すきっかけを作ったのは伊藤の右腕でした!
7回2安打無失点の快投。四球で出したランナーを2度併殺にしたバックにも助けられ打たせて取る伊藤らしいピッチング。




8回から山崎。いきなりヒット、そして四球や後逸で2out1・3塁で迎えた打者は1番吉田選手。
第2戦では逆転サヨナラ打の選手。フルカウントから放った打球は2ndベースよりのゴロ
「同点か!?」と思われましたが竹内の好捕で3out!!

“ピンチの後にはチャンスあり” とはよく言ってもので8回裏、先頭の藤井が2Bヒットで出ると2番竹内送りバント成功で藤井3塁に進み、3番井野口センターへ犠飛で2点目。4番カラバイヨ四球、5番チャベスライトヒット、6番八木もライトタイムリーヒットでカラバイヨホームイン3点目。



9回から堤。1点を失うもゲームセット。



ミーティングでは「最後までゲームに集中して戦おう」という言葉が聞かれました。



「明日は最後だから腕が折れてもいいくらいの気持ちで投げます」堤



堅守を見せ8回の追加点を得る犠打を初球で決めた竹内選手。

『第2戦の逆転負けを味わった時はロッカールームでみんな荒れましたね。あんなに悔しい思いをしたのは・・・でもあの悔しさがあったから2連勝につながっていると思うし選手たちの気持ちもさらに高まった。練習していても終わった後も「自分はこう思うけどどう?」とかお互いに考えを話し合っていることが良い結果になっていると思う。』

=第5戦の愛媛先発:柴田投手は元チームメイトですね=

『そう!!それが一番楽しみ。絶対打って見せますよ(笑)』



群馬先発:南投手 「もうやるしかないですね!」
短く髪を刈りこんで気合も十分

今シーズン最後のゲームは本日10月10日(月)前橋市民球場にて18:30~開始予定です。
たくさんの声援で選手の背中を押し上げてください。球場でお待ちしています。

  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 12:37Comments(0)

2016年10月09日

GCS第3戦 

10月8日(土)前橋市民球場にて第3戦が行われ群馬DPが勝利しました。しかし苦境の位置にいることには変わらないので第4戦も全力で挑むしかありません。選手たちが1000%の力が発揮できるよう声援をよろしくお願いいたします!






先発柿田、打たれても辛抱のピッチングで1失点



大先輩と後輩の対決 (ピッチャーは愛媛MPの正田投手、打者は速水)







先制の2点タイムリー2Bヒットを放った高橋キャプテン!


10月9日(日)第4戦の先発予定は愛媛MP:四戸(しのへ)、群馬DP伊藤。
前橋市民球場にて18:30~試合開始です。
  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 11:45Comments(0)

2016年10月07日

GCS第3戦 予告先発

10月8日(土)前橋市民球場にて18:30~から愛媛マンダリンパイレーツ戦が開催されます。
予告先発は群馬DP:柿田 兼章、愛媛MP:正田 樹投手。

正田投手と言えば夏の甲子園で群馬県勢として初優勝した時のピッチャーで群馬の野球ファンにとっては記憶に残る投手です。
GCS第2戦でも対戦し要所を抑えられなかなか得点できませんでしたが3戦では群馬の打者が打ってくれるでしょう!

絶対負けられない中でのゲームですが選手たちはプレッシャーを跳ね除ける力を十分持っていますので、皆さんの声援で後押しをよろしくお願いします。


ケンショー頑張れ~~~(写真はレギュラーシーズン中のものです)



愛媛MP先発の正田投手
(写真は10/2、第2戦坊っちゃんスタジアムにて)

  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 23:46Comments(0)

2016年10月03日

GCS 四国 ILラウンド戦

GCS第1戦が10月1日、第2戦が2日に松山市にある坊っちゃんスタジアムにて愛媛マンダリンパイレーツ戦が行われ群馬DPは2連敗となりました。

昨年独立リーグ日本一になった愛媛MPを相手に先制しますが、終盤底力を見せつけた愛媛の前に力を発揮できず敗戦したのは残念です。
でもまだ終わってはいません。今週の土曜日からはルートインBCラウンドに場所を移し慣れた前橋市民球場で第3戦が開催されるので、自分たちの野球を見つめなおしBCリーグの覇者として戦う姿を見せます!






第1戦を迎えるにあたって平野監督は「頑張ります!!!選手がね(笑)」



坊っちゃんスタジアム





マウンドの感触を確かめる投手陣





2回表:永井が2Bヒットの後高橋のタイムリーで先制!しかし以降は散発に終わり得点ならず・・・
逆に愛媛MP打線は6回まで1安打としてきましたが7回裏3安打で2点を奪いあっさり逆転。


=第2戦=





この日の先発は伊藤投手。対する愛媛MP先発は正田投手
両投手の巧いピッチングの前になかなか得点できませんでしたが7回2outから4番カラバイヨの放った打球は大きく弧を描きスタンドイン!
前日4-1と当りが無かったカラバイヨでしたが2戦目は4-3と打ってくるあたりはさすが




8回裏:8番鶴田選手に2Bヒット、9番四ツ谷選手にはデッドボール、1番に戻り吉田選手が送りバント成功。
1out2・3塁のピンチを迎えたけど2番白方選手をファーストゴロに打ち取りホームアウト。3番高井選手をライトフライに打ち取りピンチ脱出!





9回表、8回から代打出場の永井が2out2・3塁からタイムリー2Bヒットを放ち群馬3-0愛媛とリード


しかし、これで終わらせないのが愛媛MPの強さ。
9回先頭打者のポロ選手が3Bヒット&エラーが絡み1点。



8番鶴田選手に四球を与えたところで伊藤降板



9回2out1・2塁から登板した堤でしたが9番四ツ谷選手にヒット打たれ群馬3-2愛媛。
そして1番吉田選手の打球は左中間に飛び、猛然と追った藤井のグラブの先に落ちた・・・



なかなか引き上げてこない外野手陣を迎えに行った伊藤選手


第3戦は10月8日(土)18:30~前橋市民球場
多くの皆さんのご来場をお待ち申し上げます。






  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 21:43Comments(0)

2016年10月02日

GCS第2戦

今夜こそ自信を持ってしっかり戦ってくれるでしょう!



  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 17:40Comments(0)

2016年10月01日

GCS第1戦 坊ちゃんスタジアム

10月1日(土)愛媛マンダリンパイレーツとの初戦が行われ1-2xの逆転負け…
愛媛MPをうわまるヒットを放っていただけに残念ですが、一番悔しい思いをしているのは選手たち。

気持ち切り替えて戦ってくれると信じましょう!

明日の先発は伊藤投手


『明日は思いきり投げます。これまで溜めてきた全ての力を出し切って‼︎』

明日も応援よろしくお願いします。
  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 22:53Comments(0)

2016年09月26日

リーグチャンピオンシップ 優勝

9月25日(日)上毛新聞敷島球場において石川MSとチャンピオンシップ第4戦が行われ群馬DPが勝利し、対戦成績3勝1敗でチャンピオンフラッグを取り戻すことができました!
優勝することができたのも応援いただく皆さんの熱い気持ちと選手の“勝ちたい”という強い気持ちが一体となった結果が生んだものだと感じています。



これにより10月1日(土)から四国アイランドリーグプラス覇者の愛媛マンダリンパイレーツと日本一をかけてのゲームが始まります。
ルートインBCリーグの代表として精一杯戦ってくれることでしょう。引き続き応援よろしくお願い申しあげます!



4回カラバイヨ右中間に2ランホームラン!後ろは四球で出塁していた藤井選手。(何故か伊藤投手が・・・)

(初回井野口の2ランホームラン、写真撮れず…)



最後の打者を三振に抑え吠える堤投手







八木選手の胴上げ



選手同士の胴上げを眺める平野監督と高橋コーチ



4打数3安打1四球の藤井選手(4回には2点タイムリー)と7イニング2被安打2失点の南投手(CS1勝)

『グランドチャンピオンシップも普段通りの野球ができるよう頑張ります!』藤井:談
『6回まで被安打1だっただけに7回のホームランはホント悔しい。投げた瞬間ダメだと思った…打たれたのはストレートでスピードもなかった。』南:談

グランドチャンピオンシップ(全5戦・3戦先勝)
群馬ラウンド開催は
第3戦 10月8日(土)18:30~前橋市民球場
第4戦 10月9日(日)18:30~前橋市民球場
第5戦 10月10日(月)18:30~前橋市民球場を予定しています。たくさんのご来場を心よりお待ち申し上げます。

※日本独立リーグチャンピオンが決定した時点でそれ以降の試合は行いません。

  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 20:04Comments(0)

2016年09月25日

リーグチャンピオンシップ 第3戦

9月24日(土)上毛新聞敷島球場にて第3戦が行われ群馬DPが勝ちました!
石川MSとの対戦成績を2勝1敗としチャンピオンフラッグ奪還まであと1歩となりました。



『選手たちは “自分たちが何をしなければならないのか” と言うことを解っている。頼もしい選手たちに任せチャンピオンシップにふさわしいゲームを1戦1戦戦うだけ。』

=4戦目に南投手を起用した理由は?=

『本来の調子ならば早く起用したかもしれないけど、(レギュラーシーズン)ちょっと落ちてきたところもあったから休ませておいた。今シーズンずっと頑張ってきたから4戦目も期待してる。』


目覚めた速水選手!

8番DHとしてスタメン  1打席目は敵失により出塁。2打席目はライト線にタイムリー3Bヒット!


決して速くない足だけに「間に合うか???」と思われましたがセーフ
3打席目は犠飛成功。4打席目もシングルヒットとようやく目覚めた感のある速水選手でした。



9回は町田投手。長きに渡り在籍しチーム状況の良い時も悪い時も知っているだけに手腕を振ってくれるでしょう!



7回100球近くになりデッドボールとヒットを浴び無死1・2塁のピンチ

『監督からは慌てず投げるよう言われ少し落ち着けた。あまり良くない調子だったけど無失点に抑えられたのは良かった。2回、レフトフェンス際のファウルフライを井野口選手が取ってくれたので乗って行けた!』伊藤:談

本日9月25日(日)18:30~上毛新聞敷島球場にて第4戦が行われます。
群馬先発:南、石川MS:西村投手。
是非是非球場にお越しいただき応援をよろしくお願い申しあげます!  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 10:55Comments(0)

2016年09月19日

2016 個人成績ランキング

今シーズンは各部門にランクインする選手が増えました!

【防御率ベスト10】

3位 伊藤 拓郎 2.48



10位 南 拓真 2.98


【勝利数ベスト5】

2位 柿田 兼章 11勝


【セーブ数ベスト5】

1位 堤 雅貴 21セーブ(リーグ新記録)


【打率ベスト10】

2位 井野口 祐介 351


3位 フランシスコ カラバイヨ 345

【本塁打ベスト5】
1位 フランシスコ カラバイヨ 20本

【打点ベスト5】
1位 フランシスコ カラバイヨ 60打点


3位 ヨヘルミン チャベス 56打点

なおチーム打撃成績は274で3位
チーム投手成績は防御率3,17で1位でした!


ルートインBCリーグチャンピオンシップ(全5戦3戦先勝)が9月21日(水)から A-WESTのホームで始まります。

群馬DPホームの試合は
9月24日(土)上毛新聞敷島球場 18:30~
9月25日(日) 上毛新聞敷島球場 18:30 ~
9月26日(月) 前橋市民球場 18:00 ~

一人でも多くの方にご来場いただき選手へ熱い声援をよろしくお願い申しあげます!
  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 16:07Comments(0)

2016年09月17日

FUTURE-East 地区優勝

9月16日(金)地区プレーオフにおいて福島ホープスに勝利し地区優勝を果たしました!





5回裏 無死満塁で3ボールから八木選手ホームラン
『打ったボールはストレート。でもあの場面ではランナーが還れば何でもいいかなと思って打席に立ったのでホームランになるとは出来すぎです!!』



高橋コーチの教えの甲斐あって守備力アップの森岡選手
『CSでは打撃も守備も見てください!』森岡:談

森岡選手が下位打線にいることで対戦投手にとって気が抜けない群馬打線となっているようです!





9月21日(水)~ADVANCE-Westの優勝チームと戦います(ビジター)


先発は誰?

  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 08:35Comments(0)

2016年09月15日

FUTURE-East チャンピオンシップ 

明日群馬VS福島の地区CS第1戦が始まります!

前橋市民球場18時~試合開始
予告先発は群馬:伊藤-福島:江村投手です。


是非球場にお越しいただき熱い声援をお願い申しあげます。

入場料:大人2,000円・小人500円(未就学児無料)
チケットは当日券のみです。
皆さまのご来場お待ちしております!  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 20:32Comments(0)

2016年09月14日

祝 21セーブ 堤投手

今シーズンからクローザーとして活躍してきた堤投手が21セーブを挙げシーズン記録を更新しました!


『開幕当初は思いもしなかった記録が達成できたのも、チームの皆が良いところで打ってくれ守ってくれたおかげでタイトルがとれたので嬉しいですね!まだ試合が残っているので一つでも多く勝てるように頑張ります。』  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 19:15Comments(0)

2016年09月11日

2016後期 最終ゲーム

9月11日vs福島戦でレギュラーシーズン最終戦となりました。



後期優勝を決めた後のゲームでもしっかりと勝利をつかみ有終の美を飾ることができたのも、常に群馬DPを熱く応援していただいた皆様のおかげと選手の頑張りがあったからだと思います。



終盤は打力より堅実な守備が目立った森岡選手。短期決戦でも魅せてくれるでしょう!



最後の打者を打ち取り21セーブを挙げた堤投手






最終戦も勝ち平野監督も笑顔!(こんな表情滅多に見られませんよ~~~)






5番ファーストでスタメンの新井選手。
7回表、福島ホープスに1点差に詰め寄られてからのバックスクリーンに飛び込むソロホームランは今までのうっ憤を晴らすかのような素晴らしい当り

『守りながら打つ方が修正できるので良い感じで打つことができた。代打で当たればもっと良いのだけれど、なかなか難しいところもあって…』

=新井選手に今シーズンのペガサスの様子と地区CSに向けての戦い方を展望してもらいました=

『今年は何と言っても投手が良かった。開幕前ずいぶん走らせられていたようだったし、松沼コーチの教えを忘れず守ってきた成果が表れていたと思う。それにセンター中心の軸がしっかりしていたこと。特に外野は藤井の守備範囲の広さが際立っていたし、井野口、チャベスの強肩がホームに還る走者の足を止めたと思う。短期決戦は打者にとっては楽しいと思うけど野手にとっては緊張する。一つのミスで流れが変わることもあるしね。ピッチャーのキーマンは沼田投手。緊張せず投げれば素晴らしい投球をするので彼の出来に期待!とにかく投手中心に勝てるように頑張ります。』

地区CSは9月16日(金)18時~前橋市民球場にて開催予定。
たくさんのご来場をお待ち申し上げます。



  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 21:31Comments(0)

2016年09月10日

後期優勝

9月9日(金)vs武蔵戦に勝ちルートインBCL東地区後期優勝を6年ぶりに果たしました!


いつもスタンドでネットで応援いただいたおかげだと思います。
9月16日より東地区CSがありますので引き続き声援をよろしくお願いいたします。



高橋キャプテンのコメント
『皆さんの応援のおかげで後期も優勝することができ本当にうれしいです!自分としてはチームの勝利のために貢献できればと思っていますので、これからもよろしくお願いします。』


☆☆☆ルートインBCリーグ8月月間MVP(投手部門)☆☆☆


伊藤投手のコメント
『前期は投げるチャンスが無かったし投げることができなかったので後期は少しでも多く取り戻そうと思って投げてきました。(8月は3勝)意識をしていた訳ではなかったのでMVPを取ることができて良かった!調子が上がってきたきっかけというのは特に無いけど結果が残せて嬉しいですね。』
  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 08:35Comments(0)

2016年09月05日

9月1日からの4連戦

9月1日(木)vs石川戦


このゲームを勝利に導いたのは沼田投手の右腕!

『ストレートが良かったのが勝因かな!』


9月2日(金)vs武蔵戦
先発柿田がピリッとせず初回から先制パンチを喰らうなどで3回早々降板…
打線も武蔵先発の戸谷投手の前に2点を奪うのがやっとのうえ7・8・9回と継投したピッチャーには得点圏にランナーすら進めず敗戦。


9月3日(土)vs武蔵戦


好調を維持している伊藤投手 完投で7勝目

『8回終わって球数も100球くらいだったから完投できると思った。前回登板と比べると納得がいかなかったけど…(6回まで被安打2)良いペースで来てたけど7回、疲れが出てきて安打を許したのは悔しッスね。』

打線も5回まで毎回得点の大爆発


9月4日(日)vs武蔵戦
先発南が序盤でノックアウト・・・


2回無死ランナー2塁で登板した仲野投手。援護点を大量にもらいHRを打たれるもゲームを建て直しました!




9月3日 竹内の第1打席。センター深くヒットを放ち3塁へ到達した時、送球の乱れを見てホームイン!
守っても急なバウンドの変化に対応しヒットを阻止。

すると翌日も同じ光景が・・・


9月4日 井野口の第1打席。センターへ打球が飛び3塁へ到達!でも中継の乱れを見た高橋コーチ「行け!!」の声に再び走りホームイン
(一気に走って息が上がったのかな?)
  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 22:25Comments(0)

2016年09月04日

New Face

#91 アレッサンドロ マエストリ投手


『初めて日本に来たのは2012年。日本大好き!』

=開幕前に退団、韓国リーグへ。そして再び群馬DPに戻ってきた理由は?=

『3ヶ月間韓国にいたけど食べ物や文化に馴染めなかった。BCリーグのレベルは高くお客さんも優しい。イタリアにもアマチュアチームが2つくらいあるけどレベル的には比べられない。みんな働きながら野球をやっているから練習時間もない。』

=カラバイヨ選手とスペイン語で話しているけど?=

『奥さんスペイン語だから!アルゼンチンの人。イタリア語、英語、スペイン語、日本語チョッとね』
マルチレンガルなマエストリ選手。これからもセットアッパーとして活躍してくれるでしょう。



#62 ヤリエル タマヨ ゴンザレス投手


『日本は思っていた以上に文化が進んでいるし驚くことばかりだ!人はみんな親切だし来て良かった。キューバでも日本の野球は中継されているし人気がある。このリーグでテクニックを勉強しNPBを目指したい!』

インタビューの時はおとなしくしていたけどベンチ裏では選手たちと陽気に過ごしていますよ(笑)



  


Posted by 群馬ダイヤモンドペガサス at 11:54Comments(0)